Argo フロートの航跡データ YoMaHa’07 (2012 年 9 月版)を深さ 1000 dbar(約 1000 m)、全球一度格子で最適内挿したものです。 統計的に最適であることに加え、地衡流バランスと岸近くでは岸に沿って流れるという拘束条件を満たした速度場です。

データセットについて

圧力から地衡流を計算する際に誤りがあり、2011 年 9 月版以前の東向き流速 と東向き流速誤差には無視できない誤差があります。2012 年 3 月版以降を ご利用ください。

  • フォーマット
    • テキスト形式とnetCDF形式を公開しています。テキスト形式のデータ項目は左から、経度(度)、緯度(度)、圧力(Pa)、圧力誤差(Pa)、東向き流速(m/s)、北向き流速(m/s)、東向き流速誤差(m/s)、北向き流速誤差(m/s).欠損値は 99999 です。
    • データ使用について
  • データのご利用は原則自由ですが、発表等で引用を行う際は出典名を明示して下さい。
  • 無断転載,再配布,改変,商業的利用等を禁じます。
  • 掲載情報の正確性については万全を期していますが、利用者がこれらの情報を利用することによって生じたいかなる損失等について、何ら責任を負うものではありません。
  • Citation: Katsuro Katsumata (2011) G-YoMaHa (Objectively mapped velocity at 1000 dbar derived from trajectories of Argo floats). JAMSTEC. doi:10.17596/0000103
  • サンプルMAP

omapped