ダンボール箱を用いた投入(”よこすか”より) 緩衝材を用いることにより、航走中でも船速15ノットまで投入できる。