全世界の海を精密に測定中

トピックス(解説)

2014.01.20第1回アルゴユーザーミーティング開催報告

日時
 平成26年1月20日(月) 10:00~17:10
場所
 JAMSTEC 東京事務所 共用会議室AB (東京都千代田区内幸町2丁目2番2号 富国生命ビル23F)
    http://www.jamstec.go.jp/j/about/access/tokyo.html
対象
 Argoを含むフロート観測あるいはフロートデータを用いて解析を行う(あるいは予定している・興味のある)
    研究者、大学院生、メーカー、代理店等。
世話人
須賀 利雄(JAMSTEC/東北大)、矢野 敏彦(気象庁)、谷 政信(気象庁)、細田 滋毅(JAMSTEC)
後援
 アルゴ計画推進委員会

全球海洋の表・中層をリアルタイムでくまなく計測するArgoフロート観測網によって、様々な研究成果がもたらされつつあり、現業や各種産業への応用も進みつつあります。 また、これらの成果・応用による発展的な観測や技術革新によって計測できる新たなパラメータの数も増加し、全球Argo観測網への参加・協力の希望やフロートを用いた発展的な観測、Argoデータや各種データセットの利用に関する問い合わせも徐々に増加してきております。
そこで、研究者・大学院生・メーカー・代理店等の方々に広くArgoに関する全般的な情報(仕組み、技術、データ、実践例)を紹介し、アルゴ計画およびフロート観測に関する様々な情報交換の場を設けるために、以下の要領でアルゴユーザーミーティングを開催致しました。
ミーティング中のQ&Aを資料にまとめましたので第1回アルゴユーザミティング Q&A集をご覧ください。

プログラム