全世界の海を精密に測定中

トピックス(解説)

2014.09.30当機構むつ研究所施設一般公開で展示したアルゴフロートが投入されました

 青森県むつ市にある海洋研究開発機構むつ研究所にて、施設一般公開が2014年7月20日(日)に開催されました。むつ研究所では、アルゴフロートが長期にわたって安定的に高精度データを送信できるように、常にセンサー検定や動作試験などを行っています。高度で精密な作業活動を紹介するとともに、アルゴフロート2台(WMO番号:2902527および2902528)を展示しました。
 この2台のフロートが9月に水産庁開洋丸で投入されました。アルゴフロートからリアルタイムで位置情報と観測データが送られてきておりますので、「今」の位置やこれまで漂流してきた軌跡、観測データを下記よりご覧いただけます。是非ご覧ください。

    http://www.jamstec.go.jp/ARGO/argo_web/float_inf/all-in.php?wmo=2902527&id=0
    http://www.jamstec.go.jp/ARGO/argo_web/float_inf/all-in.php?wmo=2902528&id=0



  •   

    海洋研究開発機構むつ研究所施設一般公開のアルゴフロートの展示には             海洋研究開発機構むつ研究所施設一般公開のフロートは
    多くの関心が集まり、親子連れの方も興味深く説明を聞き入っていました。       北太平洋中央部付近で投入されました。


フロートWMO番号 投入日(UTC) 観測周期 漂流深度 プロファイル深度
2902527 2014/09/09 10日 1000m 2000m
2902528 2014/09/12

表:各フロートのWMO番号、投入日、観測設定