全世界の海を精密に測定中

トピックス(解説)

2014.12.05第2回アルゴユーザーミーティング開催報告

日時
   平成26年12月5日(金) 13:00~17:00
場所
   東京海洋大学 越中島キャンパス 八十五周年記念会館(海洋工学部) (東京都江東区越中島2-1-6)
      http://www.e.kaiyodai.ac.jp/contact.html
対象
   Argoを含むフロート観測あるいはフロートデータを用いて解析を行う(あるいは予定している・興味のある)
      研究者、大学院生、メーカー、代理店等。
参加者数
 60名(うち懇親会参加:41名)
世話人
  岩坂 直人(東京海洋大)、須賀 利雄(JAMSTEC/東北大)、谷 政信(気象庁)、小橋 史明(東京海洋大)、
      細田 滋毅(JAMSTEC)
後援
   アルゴ計画推進委員会

全球アルゴフロートは、現在既に3500台以上が常に海洋変動を観測し続けています。その膨大な量の水温・塩分データは、通信衛星を経由し私たちの手元に送信され続け、 気象庁と(独)海洋研究開発機構(JAMSTEC)が日本のデータ品質管理を担い、高精度なアルゴフロートデータの提供に貢献しています。
第1回アルゴユーザーミーティングに引き続き、 第2回アルゴユーザーミーティングでは、関心の高かったアルゴフロートのデータに焦点を当て、データ品質管理手法や最新のデータセット情報について紹介がありました。 国内外のデータに関する情報、動向や、ユーザー側からの要望、質問などについて議論されました。 また、各研究者の研究ニーズを満たし、かつ全球アルゴ観測網に貢献するための、科研費等によるフロート購入・展開の方法について紹介がありました。

Q&Aでは、実際のアルゴフロートやデータ活用に関する、ユーザーにとって実践的な情報が多く含まれております。ミーティング中のQ&Aを資料にまとめましたので第2回アルゴユーザーミーティングQ&A集をご覧ください(第1回アルゴユーザーミーティングQ&A集はこちら)

プログラム