全世界の海を精密に測定中

トピックス(解説)

2015.09.03航海訓練所所属の帆船「海王丸」でアルゴフロートを投入しました

 2015年4月上旬に独立行政法人航海訓練所所属の帆船「海王丸」でアルゴフロートの投入にご協力頂きました。
 「海王丸」は日本を出港し、サンフランシスコへ、ハワイに寄港し、約2ヶ月間かけて太平洋を往復しました。帆船はエンジンを使わず、風と海流を駆使しながら、目的地を目指します。そのため、予定通りのコースをたどることは非常に難しいですが、今航海は奇跡的に天候や海況にも恵まれ、3台のフロートの投入は予定通りの海域(北緯38~42度、西経138~148度)で無事に行われました。
 この海域は航行する船舶が少なく、稼働中のフロートが少ない海域でしたが、今回の投入により、アルゴ観測網の維持に貢献して頂きました。
 投入したアルゴフロートはそれぞれ"海"君,"王"君,"丸"君,と名付けられ、「海王丸」乗船中のみなさんの想いを乗せて、アルゴフロートの観測が始まりました。投入したフロートの「今」の位置やこれまで漂流してきた軌跡、観測データを下記よりご覧いただけます。是非ご覧ください。
    独立行政法人航海訓練所

投入した各フロートデータアクセス先
    http://www.jamstec.go.jp/ARGO/argo_web/ancient/float_inf/all-in.php?wmo=4902150&id=0
    http://www.jamstec.go.jp/ARGO/argo_web/ancient/float_inf/all-in.php?wmo=4902251&id=0
    http://www.jamstec.go.jp/ARGO/argo_web/ancient/float_inf/all-in.php?wmo=4902252&id=0



命名者による名入れが行われました。
乗船者の注目を浴びながら、投入準備です

  • 最初のフロート”海君”、狙いを定めて、投入します

  • 2回目の投入です。”王君”の投入です

  • この航海最後の投入となる3回目”丸君”まもなく投入です。
    投入前にフロートと一緒に記念撮影

写真提供:独立行政法人航海訓練所