アルゴ計画の目的

アルゴ計画の目的

1997年11月の海面水温偏差 海洋は地球表面の7割を占め、その熱容量は大気のおよそ1000倍といわれています。 海水は大気に比べて暖まりにくく冷めにくい性質を持っているため、気温ほど激しい温度変化は しませんが、何らかの原因でひとたび広範囲で海面水温が大きく変化した場合には、 大気に大きな影響を及ぼします。 実際にエルニーニョ現象が大規模な気候変動を引き起こしていることからも分かるように、 海洋は気候変動に重要な役割を果たすと考えられています。

海洋と大気との間では海面を介して熱、運動量、水(蒸気)などの交換が行われますが、 海中に入った熱は海流や渦、湧昇・沈降、混合などにより海洋内部に再配分されます。 一部は深海まで運ばれ、海洋深層のゆっくりとした循環に乗った末に再び海面に戻り、 10〜100年単位の気候の変化に深く関係している過程も存在すると考えられています。

海洋内部の観測点分布

このような海洋内部の熱輸送過程を解明するには、観測によって実態を把握する必要がありますが、 船舶やブイ、人工衛星などを用いたこれまでの海洋観測システムでは、海洋内部の観測密度が きわめて小さく、不十分なものでした(左図参照)。

アルゴ計画によって海洋中層(水深2000m程度)までの観測網が整備されれば、 海洋内部の詳細な変化が把握できるようになり、将来的には季節〜10年スケールの気候変動予測の 精度向上につながると期待されます。