第1回アルゴ将来構想検討会

第1回アルゴ将来構想検討会


世話人:須賀利雄,細田滋毅


 今年3月に行われた海洋学会春季大会シンポジウム「Argoの進むべき方向性 ―Argoによる研究成果と今後の展望―」では,多くの方のご参加のもと,多数の講演と活発なご議論をいただき,誠にありがとうございました. おかげさまで,シンポジウムでは,これまでに構築してきたArgoをいかにして 長期間持続しつつ,さらに発展させていくかについて,日本の海洋コミュニ ティとしての考えをまとめていくための貴重な意見交換・議論の場となりまし た.
 シンポジウムの結論の一つとして,継続的議論の場を設けることとなりました ので,今回世話役をJAMSTECのArgo担当者が引き受け,Argoの持続と発展に関心 をもつ方々に広く集まっていただき,検討会を以下の要領で開催することとしました.

開催案内


【日時・会場】

日時: 2010年7月28日(水)午後1時30分〜5時
会場: JAMSTEC東京事務所
参加者:オープン

【検討内容】

Argoを持続するための方策
 現在の日本のArgoの実施体制(予算、組織、人)には,今後Argoを持続する 上で問題はあるのか?あるとすればどういう点なのか?米国(NOAA)やヨーロ ッパ(EuroArgo)など他国の現状と将来計画を示し,それらを参考にしながら, 日本の問題解決の方向を考える.

多機能フロート・グライダー等による観測の展開
 既存のArgo観測網(水温・塩分)を高度化し,気候モニタリングの充実させ る必要はあるだろうか?具体的な例を示しつつ,その必要性と実施する場合の 問題点について考える(例:深層・および極表層のT・S観測、観測網の高密度化).
 また,近年,生物地球化学分野および生態系分野の研究・モニタリングに焦点 が当たりつつあるが,フロート観測等の生物地球化学・生態系モニタリングへの 活用が考えられるだろうか?またその場合の方策、問題点は何が考えられるか? (例:生物・化学センサー搭載フロート、グライダー)
 上記のような観測網の展開の中で,何を新たにArgoに組み入れられるか,ある いは組み入れていきたいか?(準リアルタイムデータ公開が無制限に可能で, 遅延モードQCの要求を満たす観測網が可能か?)さらに,組み入れた場合の具体 的な実施体制については何を検討すべきか?(例:データ管理をどこがやるか? 大型予算を組む方策は?機関・省庁間連携は?コンソーシアムのような枠組みは どうか?)

新規研究分野の開拓に向けたArgoの発展性
 Argo観測網によって,今までにない種類の膨大なデータを得つつある.これ らのデータと,例えば数値モデル解析とを組み合わせることによって,新たな サイエンスの開拓が可能であろう.これを実現するために,どのような形・ テーマでの連携が考えられるか?

議事メモ


検討会の趣旨

 OceanObs'09において,OceanObs'99での議論に基づき策定されたGCOS implementation plan (その海洋パートは物理・炭酸系の全球海洋観測システム)のうち, Argo計画はほぼ100%達成された成功例として高く評価された.成功の大きな理由は, その強力なデータ管理の仕組みやデータ公開ポリシーにあり,それらは今後構築される観測システムのモデルになると広く認識された. そのような評価を踏まえ,OceanObs'09では,Argoコミュニティへの要望として,現在のArgo計画を維持しつつ, 多機能センサーへの対応,高緯度・縁辺海への展開,SST・SSSの観測,深層観測などの拡張を徐々に進めることを求められた. これを受けて,今後のArgo計画のあり方として,(1)Argoコアミッション(*1)をいかに持続させるか, (2)Argo計画をいかに拡張・発展させていくか,を各国で考えていく必要がある. Argo計画の主要な担い手である日本でも,Argo計画持続のための仕組みとArgo計画拡張の方策についての検討を行っていきたい. 第1回検討会では,過去の経緯や問題点を共有し,目前の問題だけでなく将来的な問題についての議論を行う.

(*1)Argoコアミッション:全球Argo観測網の本来の目的である,北緯60度から南緯60度までの水深 2000m以上の外洋域を300km四方に1台のフリーとでカバーする水温・塩分観測のこと.この目的のためには 3200本余りのフロートが必要であるが,現在コアミッションを担っているフロート数は2800本程度であり, 目標のカバレッジを達成していない.なお,このコアミッションはArgo計画開始当初に設定されたものであり, 今後拡張される可能性はある.

1. 日本のArgoの現状とそれを維持するための方策

議論の要点

2.多機能フロート・グライダーによる観測の展開

議論の要点

3. 総合討論(要点)


議事録はこちら