「ちきゅう」のための海流予測 (5) 「ちきゅう」観測開始

「ちきゅう」の観測が始まりました(※1)。「ちきゅう」から海流の観測データが送られてきたので、今回はそのデータを見てみましょう。

図1の色は、気象衛星「ひまわり8号」からJAXAが作成した3月30日の海面水温の分布です(※2)。水温が高くなっている帯が黒潮が流れている所です。連載第4回で見たように、「ちきゅう」の掘削地点は黒潮上にあるとみられます。

3月30日の午前0時から3月31日の午前9時にかけて、「ちきゅう」は図の黒線のように、北東から掘削地点に近づき、その後、北西に離れました。このように近づいたり、離れたりするのは、掘削孔内に下ろすパイプやツールを、流速が大きい黒潮内で下ろすことは危険であるため、ダメージを及ぼさないよう低流速域で下ろしながら、黒潮に徐々に近づいて行くということをするためです。今回、掘削地点に着いた際は、トランスポンダの設置、自動船位保持装置のキャリブレーションおよび孔口蓋の取り外し作業を行い、次の作業準備のため、北西の低流速域に移動しています。

Fig1

図1:「ひまわり8号」が観測した2016年3月30日の海面水温(°C)。JAXA提供の1時間データを合成した。白の空白は雲がかかって観測できなかった所。赤星()が「ちきゅう」の掘削地点。黒線は3月30日午前0時から3月31日午前9時までの「ちきゅう」の航路。

 

図2は、この時の「ちきゅう」の緯度位置(図2上段)と、「ちきゅう」で観測された海流の流速(図2下段)の時間変化です。3月30日の午前0時から午前3時過ぎにかけて掘削地点の緯度に近づくにつれて(図2上段)、観測される海流の流速は急激に大きくなり(図2下段)、掘削地点緯度では約4ノットの大きな流速が続きました。3月末には「ちきゅう」の掘削地点は黒潮上にあり、4ノット近い流速になるだろうという連載第3回に紹介した予測は当たっていました。

その後、3月30日18時過ぎから「ちきゅう」が北上するにつれて(図2上段)、黒潮から離れ、流速は小さくなっています(図2下段)。

Fig2

図2: [上段] 「ちきゅう」の緯度位置の時間変化。[下段] 「ちきゅう」で観測された海流流速(ノット)の時間変化。

 

今回の航海では、「ちきゅう」を支援するための船「あかつき」も観測に参加しています。「あかつき」は、3月30日の午前0時から3月31日の午前9時にかけて、図3の黒線のように、「ちきゅう」掘削地点を中心に、黒潮を横切るように南北に移動しています。

Fig3

図3: 図1と同じ。ただし、黒線は「あかつき」の航路。

 

図4は、「あかつき」の緯度位置と、「あかつき」で観測された海流の流速の関係を見た図です。「あかつき」が南北に移動した時、「ちきゅう」掘削地点緯度付近に近づいた時に流速がもっとも大きくなっています。つまり、現在、「ちきゅう」掘削地点は、黒潮のど真ん中の、もっとも流速が強い場所にあることがわかります。

5_4

図4: 「あかつき」の緯度位置(縦軸)と、観測された海流流速(横軸, ノット)の関係。

 

 


※1
「ちきゅう」の観測の様子については、twitterを参照。

※2
「ひまわり8号」の海面水温については、2015/10/9号・気象衛星「ひまわり8号」で見た黒潮を参照。過去の「ひまわり8号」の水温データを使った解説一覧はこちら

 


kurosio-mini2

「ちきゅう」のための海流予測の連載記事一覧はこちら
この連載では、流れの速さの単位として船舶でよく使われるノット(2ノットは約1メートル毎秒)を使用します。
「ちきゅう」のための海流予測KFSJの特別サイトはhttp://www.jamstec.go.jp/jcope/kfsj/です。KFSJついては連載第2回で紹介しました。
「ちきゅう」の観測の様子に関しては「ちきゅう」公式twitterを参照


美山 透

海の変化は、漁業海運エネルギー天候など様々なことに影響します。海洋予測がもっと身近なものになるように、頭をしぼって書いています。