home > activities > 2017/12/20

activities

2013年4-5月に,ブラジル沖の深海で「しんかい6500」/「よこすか」による日本とブラジルの共同調査が行われました.この調査は,本格的な科学調査が行われていない南大西洋の深海域において,化学合成生態系の探索と生物学的特性の理解,巨大海山域や大陸斜面域の生物多様性の把握,それらの地球化学的環境の理解,巨大海山の成因などの解明を目的としました.このたび航海で得られた成果がDeep Sea Research Part II: Topical Studies in Oceanographyに特集号として公表されました. ジャーナルのリンク先 http://www.sciencedirect.com/science/journal/09670645/146 特集号には生物学,古生物学,地学,地球化学の12編が掲載され,そのうち9編に海洋生物多様性研究分野のメンバーが著者となってます.