home > activities > 2017/12/20

activities

QUELLE2013航海において南西大西洋,水深4204mから発見された鯨骨の直下やその周辺の堆積物から新種のゴカイ科多毛類を発見し, Neanthes shinkaiと命名しました.本種の最も興味深い点は前口葉に眼がないことです.ほかにも眼のない同属の多毛類は深海から3種報告されていますが,いくつかの重要な形態的特徴が本種とは異なります.加えてCOI遺伝子配列解析の結果,本種は近縁種と遺伝子レベルで大きく異なるものであることがわかりました.深海に沈んだ有機物や還元的な環境に同属のゴカイ類が生息することはすでに知られていましたが,鯨骨生物群集からの報告は本種が始めてとなります.潜水調査船「しんかい6500」からの行動観察や炭素・窒素の安定同位体比解析の結果から,本種は主に鯨遺骸を栄養源とし,化学合成細菌により形成されるバクテリアマットもある程度餌とする雑食性の動物であることがわかりました.

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0967064517303880