home > activities > 2018/02/01

activities

これまで系統的位置が不明だった複数の真核微生物を対象に大規模分子系統解析を実施し,そこから新しい真核生物のグループ(CRuMS)を認識・報告した.
CRuMsは2013年に所属不明の真核微生物として報告されたRigifila ramosa(リジフィリッズ)などを含む生物群であり,本研究によって真核生物の系統岐関係・グーピングに関する理解が大きく進んだ.

https://academic.oup.com/gbe/article/10/2/427/4817507