最新ニュース
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年


2010年

2010/12/24
富谷研究員が、オランダ生態学研究所から帰国しました。
2010/12/10
高野 淑識研究員が 第7回地球化学研究協会 「奨励賞」 を受賞しました。詳細は、こちら
2010/12/09
ネバダ大学の金子 雅紀博士が訪問しました。
2010/11/12
黒田研究員らの研究成果が、Geology誌に掲載されました。詳細は、こちら
2010/11/08
高野研究員が、統合国際深海掘削計画 (IODP) の科学立案評価パネル (SSEP) のため、ポートランドに渡航しました。IODPの詳細は、こちら
2010/11/08
高野研究員・大河内プログラムディレクターらの研究成果が、Nature Geoscience誌に掲載されました。論文の詳細は、こちら
2010/11/08
プレスリリース 「深海微生物はエコ生活をする〜海底に生息するアーキア(古細菌)がもつ新たな代謝経路の発見〜」 を行いました。プレス詳細は、こちら
2010/11/02-04
力石研究員、小川技術研究主任、大河内プログラムディレクターが、同位体生態学国際シンポジウム2010 京都で発表を行いました。詳細は、こちら
2010/10/18
チームメンバーが、生物多様性条約 (COP10) の展示に協力しました。
2010/10/09-12/13
山口研究生が、統合国際深海掘削計画 (IODP) のExpedition 329 "South Pacific Gyre Microbiology" に乗船しました。航海の詳細は、こちら
2010/09/23
Jonathan Tyler外来研究員 (現オックスフォード大学)、横山 招聘主任研究員らの研究成果が、Geochemistry, Geophysics, Geosystems 誌に掲載されました。
詳細は、こちら
2010/08/30-09/03
津田 龍一研究生が、"International Symposium, Cephalopods Present and Past" (ISCPP) で発表を行いました。詳細は、こちら
2010/08/23
山口 保彦研究生が 第28回 有機地球化学シンポジウムで最優秀ポスター賞を受賞しました。
発表タイトルは、「微生物のアミノ酸窒素同位体組成:生物地球化学研究における新手法」。
詳細は、こちら
2010/08/21
関根 康人外来研究員 (東京大学) らの研究成果が、Geochemistry, Geophysics, Geosystems誌に掲載されました。詳細は、こちら
2010/08/01
大河内プログラムディレクターらによる日本の同位体生態学の最前線を伝える英文書籍 「Earth, Life, and Isotopes」 が、京都大学学術出版会から出版されました。
詳細は、こちら。購入の案内は、こちら
2010/07/30
力石研究員が、Bio-Geo-Science Cafe (サイエンス・カフェ) にパネル出演 (テーマ:研究の多様性、どうやってみているのか) しました。詳細は、こちら
2010/07/16
高野研究員らの研究成果が、Rapid Communications in Mass Spectrometry誌に掲載されました。詳細は、こちら
2010/05/28
ドイツ・アルフレッドウェゲナー研究所 (Alfred Wegener Institute) の Prof. Dr. Jelle Bijma が訪問しました。詳細は、こちら
2010/05/24
ドイツ・ブレーメン大学のProf. Dr. Kai-Uwe Hinrichsが訪問しました。
海洋・極限環境生物圏領域セミナーの詳細は、こちら
ページトップ
Copyright @ Department of Biogeochemistry, BioGeos, JAMSTEC