同位体生態学研究チーム
ホーム
 【同位体生態学研究チーム】
 海洋生態系は,さまざまな生物群集から構成されており,被食―捕食のような生物間の相互作用の上に成り立っています。また,現在の海洋生態系は,さまざまな環境変遷を経てきた生物群集から構成されています。このような生物間の相互作用や進化を通して,現在の海洋生態系が形成されています。しかし,海洋の生態系を構成する生物間の関係は大変複雑です。そこで,私たちは食物連鎖の上位の生物ほど重くなるアミノ酸の窒素同位体比などの先端的な安定同位体分析技術を用いるとともに,生態・生化学・進化生態学的な解析をあわせて行うことで,海洋生態系を構成する生物の食物網と共生などの生物間の関係を明らかにします。このような分析を行うことで,被食―捕食による物質の流れや,共生系内での物質のやり取りを明らかにすることができ,海洋生態系のダイナミクスと生態系を構成する海洋生物の進化や共生現象を介した環境への適応様式を理解することができます。また,海洋生物の進化や生物を取り巻く海洋生態系の変動との関連についての知見とあわせ,海洋生態系のダイナミクスを理解しようとしています。

 【概要】

アミノ酸の窒素同位体などの安定同位体の分析を行い,

1) 海洋生物の栄養段階から食物網を推定し,海洋生態系の構造を明らかにする。
2) 細胞内の代謝物質の動きを通して,宿主―共生生物間の関係を明らかにする。
3)
安定同位体分析・生態・生化学・進化生態学的な解析と生物を取り巻く環境や海洋生態系変動の知見とをあわせ,海洋生物の進化・海洋生態系のダイナミクスを理解する。
 
複雑な食物網構造の解明


*画像をクリックして拡大表示*
アミノ酸窒素同位体比よる栄養段階の推定

*画像をクリックして拡大表示*
 
 ページトップ
同位体生態学研究チーム 独立行政法人海洋研究開発機構 横須賀本部
〒237-0061 神奈川県横須賀市夏島町2-15
Copyright @ Stable Isotope Ecology Research Team, BioGeos, JAMSTEC