リグニンの有効成分を新しいプラスチック素材に変える。
triangle green tight
深海の真菌類の予想以上の多様性。
triangle orange tight
C o n t a c t
M a i l t o t h e t e a m
L a n g u a g e
I n E n g l i s h
symbolmark for top
site title
Copyright 2013 Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology
バイオテクノロジー発展の歴史とともに、これまでにも生物の有用機能を産業利用する取り組みが、世界中で精力的に行われてきました。海洋研究開発機構が行ってきた調査の結果から、“深海からは新規な生物が高い頻度で検出される”ことが判ってきました・・・  → Concept ページへ
index to concept concept white in english concept gray in japanese triangle white
 
実は私たちが研究の対象にしている深海は、さまざまな意味で特殊な環境の中で生物たちが暮らしています。そのひとつが、光が届かず光合成はできないので、限られた栄養をいかに効率良く利用するかの世界だということ。そしてもうひとつが・・・  → Story ページへ
index to story story white in english story gray in japanese triangle white
 
深海から生きた魚などの多細胞生物を採取するのは、温度や圧力といった要因によりとってもむずかしいです。微生物も小さすぎて、直接見て採ってくることは現在の技術では不可能です。では、どうやって深海の生物を研究するのか? まずは、深海の底にある泥に着目します・・・  → Process ページへ
index to process process white in english process gray in japanese triangle white
 
食品素材中に含まれるカラギーナンを厳密に識別する。カサゴ細胞を利用して目的タンパク質を生産する。大きなDNA断片をほとんど傷付けずに回収。マルトースから、高価な保水性分トレハロースが効率よく得られる。深海酵母から発見された、界面活性剤バイオサーファクタント・・・  → Potential ページへ
index to potential potential white in english potential gray in japanese triangle white
 
・・・一般公開に来て頂いたお客様にアンケートをしてみました。深海生物・微生物から有用物質を探す研究に対して大きな期待を抱いて頂いていることを実感しました。・・・ラボにアンコウの仲間が入りました。・・・次世代シーケンサー修行中。目的の遺伝子配列を、ようやく獲得できました!  → Members ページへ
index to members members white in english members gray in japanese triangle white
 

私たちMBEチームの研究室では、新規性の高い深海生物・深海微生物が作り出す、人々の生活や健康増進に役立つ新規有用物質(機能性蛋白質・脂質・糖質・遺伝子・低分子化合物など)を見出し、産業利用へと展開するための研究を推し進めています。微生物・個体・細胞レベルと幅広い生物を対象として現在研究にとりくんでいます。

MBEとは Marine Bioresource Exploration Research。つまり私たちは、海洋有用物質の探索と生産システムの開発研究チームです。

 

◀ 何と深海魚が餌を食べてるよ、ほら!

深海魚(深海多細胞生物)からは、深海性有用物質を作り出すホスト細胞を得ることができます。

 → 詳しくは Process ページへ
official name
JAMSTEC  >  海洋・極限環境生物圏領域  >  海洋生物多様性研究プログラム > 海洋有用物質の探索と生産システムの開発研究チーム
Marine Bioresource Exploration Research (MBE) Team / Top page Marine Biodiversity Research Program / Top page
Concept Story Process Potential Members