JAMSTEC  >  海洋・極限環境生物圏領域  >  海洋生物多様性研究プログラム  >  海洋生物共生進化研究チーム

海洋生物共生進化研究チーム

共生は、遺伝的に異なる複数の生物が相互作用し、共存するような状態のことで、新しい機能を獲得するメカニズムとして真核生物への進化にも大きな役割を果たしたと考えられています。化学合成細菌と海洋無脊椎動物の細胞内共生は、深海の熱水域や湧水域の生態系で優占的にみられ、宿主無脊椎動物は、自らの栄養を細胞内に共生する化学合成細菌に依存して生きています。しかし、共生を支えているメカニズムは、まだよく分かっていません。また、卵を介して水平伝播する細胞内共生細菌は、ゲノムを縮小進化させていることがわかってきました。しかし、ゲノム縮小の詳細な過程はよくわかっていません。そこで、細胞内共生や共生による進化メカニズムを理解するために、宿主と共生細菌の相互作用や共生細菌のゲノム縮小進化を分子 生物学や細胞生物学や生化学を用いて研究しています。

シロウリガイ類の細胞内共生

シロウリガイ類の細胞内共生