JAMSTEC > 地震津波海域観測研究開発センター > センター体制 > 広域地震活動観測研究グループ

広域地震活動観測研究グループ

広域地震活動観測研究グループ

写真 広域地震活動観測研究グループ
グループリーダー 石原 靖

  • 地震学的手法による海底下及び海洋の活動、構造及び現象に係る研究
  • 海域における固体地球物理観測に係る研究
タイトル

広域地震活動観測研究グループ

「DONET」のように海底に設置した地震計をケーブルでつないだリアルタイム地震観測も始まっていますが、その数はまだ限られており、一般に海底で地震観測を行う場合は、耐水・耐圧容器に収められた海底地震計が用いられます。海底地震計は船舶で調査海域の海底に投入され、一定期間の観測の後におもりを切り離して浮上させ、観測データを回収します(海域機動観測)。広域地震活動観測研究グループでは、日本周辺海域の地震発生帯を中心に、海底地震計ネットワークを展開して自然地震を観測することにより、陸上の観測では把握することが難しい海底下の地震活動の実態解明や、地下構造のイメージングを行い、地震発生様式と地下構造との関連性を明らかにする研究などを進めています。 水深6000m を超える深海底での観測が可能な超深海型地震計を駆使した地震発生帯の中心である海溝域深部の調査や、地震活動と地下構造の他の海溝域との比較研究も目指しています。さらにデータ解析では、通常ノイズとして扱われる情報を活用して地下構造を探るなど、先進的な処理手法の開発を進め、新たな視点で、海底下の状態やプレート活動を理解することにも取り組んでいます。またグループでは、国際的な枠組みのもとで進められている、東南アジアや西太平洋域の海洋島を対象とした、地震観測を含む地球物理観測ネットワークを展開しています。地域の基盤的な観測を担い、地震・津波による大規模災害の監視をはじめ、大気・海洋の諸現象の解析にも活用されています。


figure
超深海型海底地震計によって得られた宮城沖の日本海溝周辺の地震活動図。上図の丸印は震源の位置、色は震源の深さを示している。白いひし形は地震計の位置を示す。下図は地震波構造探査(反射法)の断面図に震源を投影した図。
figure
海域機動観測に用いられる海底地震計。