JAMSTEC > 地震津波海域観測研究開発センター > センター体制 > 海域断層情報総合評価グループ

海域断層情報総合評価グループ

海域断層情報総合評価グループ

写真 海域断層情報総合評価グループ
グループリーダー 鎌田 弘己

  • 地下構造データ、海底地形、歴史資料等の総合解析による海域断層解析評価に係る研究
  • 地震津波被害軽減に向けた基盤情報プラットフォームの構築
タイトル

海域断層情報総合評価グループ

陸域の活断層については詳細な調査が行われていますが、海域の断層に関する情報は十分でなく、地震・津波被害をもたらす可能性を含めた断層の評価も進んでいませんでした。海域断層情報総合評価グループは、文部科学省による「海域断層情報総合評価プロジェクト」の一環として、これまでさまざまな研究機関が実施してきた海底地形情報や地震波探査のデータを収集し、最新のデータ処理技術を用いて断層を読み取り、断層情報を統一的に解釈して、日本周辺海域の断層分布を明らかにすることをめざしています。海域の断層に関する重要な情報源は、地震波探査による調査データです。 調査機関や調査の時期・仕様が異なる調査データを一元的に整理・収集してデータベースを構築するためには、位置データをはじめとするデータの整合性を確認したり、ノイズの除去などによるデータ品質の向上を進めながら、空間的に連続している断層を丹念に拾い集めていく作業が必要です。断層の長さや深さだけでなく傾斜を評価するために、3 次元構造モデルの構築も進めています。 陸上の活断層からの連続性を明らかにすることも、課題の1 つです。さらに断層面の形状やメカニズム、連動発生の可能性を探り、断層に沿った震源モデルを構築し、地震動・津波のシミュレーションを通じて、防災・減災に役立てていくことが、プロジェクトの目的です。


figure
日本海周辺の海域断層マッピングの暫定的な成果。青線は、これまでのデータ解析・評価によって想定される断層、赤線は、構造的な不連続から断層と推定されているものを示している。現在は日本海周辺のデータ処理・評価・解釈を進めているが、最終的には、日本周辺海域全体の断層マッピングが作成される。