JAMSTEC > 地震津波海域観測研究開発センター > センター体制 > 海底観測技術開発グループ

海底観測技術開発グループ

海底観測技術開発グループ

写真 海底観測技術開発グループ
グループリーダー代理 荒木 英一郎

  • 海底観測ネットワークの構築及び運用に係る研究開発
  • 海底観測網、長期孔内観測によるリアルタイムモニタリングシステムに係る開発
タイトル

海底観測技術開発グループ

陸上に観測所を置くように、海底に長期間安定したリアルタイムかつ高精度な定点観測が可能なネットワークを構築することは、海溝型地震・津波の予測モデルを向上させて防災・減災に役立てるためにも重要です。その実現をめざして、現在、地震・津波観測監視システム「DONET」の開発と整備が進んでいます。「DONET」は、地震計や水圧計(津波計)などで構成される観測システムを、海底ケーブルで面的に連結し、データをリアルタイムで陸上に送信する観測ネットワークです。 海底観測技術開発グループは、基幹ケーブルの敷設や分岐装置(ノード)を経由して観測網を構築するための技術開発、海中作業ロボット技術の研究開発、さらには高精度観測を行う手法の開発やセンサー類の検証・評価などを実施し、「DONET」を推進しています。すでに2011 年に「DONET1」の設置が完了し、現在は徳島県沖海底で、より大規模な「DONET2」の構築も始まっています。さらに、地球深部探査船「ちきゅう」による南海掘削の掘削孔を活用した、長期孔内観測システムの「DONET」への接続など、リアルタイム観測プラットフォーム技術の幅広い活用をめざして研究開発を行っています。


figure1
東南海地震の震源域直上に配置され、既にデータ取得・リアルタイム送信が行われている「DONET1」(観測点20カ所)と、現在ケーブル敷設が完了して観測点の構築が進められている、南海地震の震源域に整備される「DONET2」(観測点31カ所)の展開概要図。
figure2
深海底リアルタイム観測プラットフォームの全体図。通信用海底ケーブル技術を応用した基幹ケーブルに拡張用分岐装置(ノード)を接続し、そこから展張ケーブルを伸ばして複数の観測装置を展開できる。