JAMSTEC > 地震津波海域観測研究開発センター > センター体制 > プレート構造研究グループ

プレート構造研究グループ

プレート構造研究グループ

写真 プレート構造研究グループ
グループリーダー 三浦 誠一

  • プレート境界域における地震発生構造に係る研究
  • 海洋プレートの地震学的構造、活動、変質等に係る研究
  • 大規模広域地下構造調査及び高分解能地下構造調査に係る研究
タイトル

プレート構造研究グループ

海洋底ダイナミクスや巨大地震・津波発生プロセスを解明するためには、海底下深部の構造や性質を詳しく理解することが必要です。私たちが直接見ることができない海底下の様子を、広域かつ詳細にとらえる研究手法として広く行われているのが地震波構造探査です。調査船から人工的に地震波(音波)を発振し、海底や地層境界からの反射波や屈折波を海面に展開した受振器(反射法)や海底地震計(屈折法)で記録したデータを解析することによって、海底下の構造を把握することができます。 プレート構造研究グループでは、南海トラフや日本海溝など海溝型巨大地震が発生するプレート沈み込み帯やアウターライズ(海溝外縁隆起帯)地震が発生する海洋プレート、さらに日本海東縁のような活断層が集中している背弧海域など、さまざまな海域を対象として地震波構造探査を実施し、構造解析やモデル研究を行い、地震・津波が発生する現場である海底下の構造を明らかにしようとしています。また、近年、地震・津波に関するモデリング研究や、地球深部探査船「ちきゅう」などによる海洋掘削科学が盛んになり、より高解像度で高精度に地下構造をとらえることが求められています。そのため、私たちは幅広い分野の研究者・技術者らとの連携のもと、新たな構造探査技術や解析技術の開発・導入にも力を注いでいます。


figure1
南海地震震源域周辺でユーラシアプレートの下に沈み込むフィリピン海プレートを北側から俯瞰したイメージ図。色はプレートの深さを表す。
figure2
地震波構造探査(反射法)に使われるストリーマーケーブル。多数の受振器(ハイドロフォン)を備え、海面で反射波を受振する。
figure3
地震波構造探査(屈折法)で使われる海底地震計。地震波を人工的に発振し、海底下の地層境界面で反射・屈折した地震波を記録する。