JAMSTEC > 地球情報基盤センター > 国際海洋環境情報センター > 研究情報公開グループ

地球情報基盤センター

研究情報公開グループ

 
 研究情報公開グループの活動概要


1.海洋生物多様性情報・深海調査映像等のアーカイブと公開
 国内における海洋生物の多様性・分布情報や、JAMSTECの深海調査機器で撮影された映像・画像データ、JAMSTECの刊行物・クルーズレポート等を、収集・アーカイブし、データベースへの登録や分類・コメント登録を行った後に、「Biological Information System for Marine Life:BISMaL」や「深海映像画像アーカイブス:J-EDI」等のサイトを通じて、インターネットに公開しています。また、GODACからインターネットに公開するための各種システムやコンピュータインフラの維持・管理も行っています。

2.国際海洋生物地理情報システムに対する日本の連携データユニットの運営
 JAMSTECが国際連合教育科学文化機関(UNESCO)・政府間海洋学委員会(IOC)より日本の連携データユニット(Associate Data Unit : ADU)として承認されたことを受け、平成27年4月に「日本海洋生物地理情報連携センター(Japan Ocean Biogeographic Information System Center:J-OBIS)」が発足しました。この事務局として、データの取りまとめ等を支援するとともに、BISMaLを通じてJ-OBISで集積されたデータの登録・公開及び集積したデータを日本のアクティビティとして国際海洋生物地理情報システム(OBIS)に提供しています。

3.地震研究情報データベースの整備
 深海掘削船「ちきゅう」によって紀伊半島沖熊野灘沖に設置された長期孔内観測システムの観測データや、地震・津波観測監視システム(Dense Oceanfloor Network system for Earthquakes and Tsunamis:DONET)の海底地震計観測データの公開、さらに紀伊半島及び四国沖の地殻構造データを統合した地震研究情報データベースの構築を進めています。これまでに、地震研究情報データベースに蓄積した長期孔内観測データやDONET1観測データを提供する「地震研究情報データ提供システム(JAMSTEC Ocean-bottom Seismology Database:J-SEIS)」を構築し、データを公開しています。

4.メンバー

グループリーダー [技術主幹]齋藤 秀亮 (SAITO, Hideaki)
[研究員]矢吹 彬憲 (YABUKI, Akinori)
[技術主任]堀川 博紀 (HORIKAWA, Hiroki)
[技術主任]細野 隆史 (HOSONO, Takashi)
[特任技術主任]山内 束 (YAMAUCHI, Tsukane)
[技術副主任]末木 健太朗 (SUEKI, Kentaro)
[技術副主任]杉山 大祐 (SUGIYAMA, Daisuke)
[事務主任]比嘉 直人 (HIGA, Naoto)