JAMSTEC > 付加価値情報創生部門(VAiG) > 地球情報基盤センター > 乗船研究者の皆様へ > 船舶で取得されたデータ・サンプルの公開猶予期間(一覧)

地球情報基盤センター

船舶で取得されたデータ・サンプルの公開猶予期間(一覧)

提出時期 提出物 公開猶予期間




定常観測データ 機構の処理が
済み次第公開
(注1)
船体装備機器データ
(定常観測データは除く)
2年
潜水船・無人探査機データ
(ディープ・トウを含む)
アーカイブ用岩石サンプル
アーカイブ用コアサンプル





1



クルーズサマリー 2ヶ月
クルーズレポート
メタデータシート
(各サンプルのメタデータシートを含む)
観測データ 2年






事後処理済みデータ 2年
ワーキング用岩石サンプル(残り)
ワーキング用コアサンプル(残り)
サンプルの分析データ コア・その他
岩石 5年
(注1)航海データ(航跡データ)の公開猶予期間は、最大2ヶ月まで設定可能。
            その他の定常観測データについては、最大2年まで設定可能。

詳細な説明資料が必要な方は「取り扱い説明資料」をご覧下さい。
アーカイブ用サンプル(岩石・コア)の提出用ケースが必要な方はこちらから申請下さい。

   【岩石アーカイブサンプル提出用コンテナ貸し出し希望の方】 提出用コンテナ申請システム

   【コアアーカイブサンプル提出用ケース(Dチューブ)貸し出し希望の方】 提出用ケース申請システム