JAMSTEC > 地球情報基盤センター > 研究者のページ > セミナー情報

地球情報基盤センター

研究セミナー情報

  第1回 横串セミナー

日時:4月17日(木) 15:00-16:00
場所:シミュレータ研究棟1F大会議室
講師:小紫誠子 (Komurasaki, Satoko)
         日本大学理工学部数学科 准教授
使用言語:日本語

  要旨

「深海熱水噴出孔からの超臨界水噴出流れの数値シミュレーション」

海底熱水噴出孔は低温熱水噴出も含め世界中の海洋底で多く確認されているが,とくにマグマが海底面近くまで上昇してくる海嶺付近では,2000mを越えるような深海においても400℃に達するような極めて高温で活発な熱水活動が観察されている.このような高圧高温水は,水の臨界圧力22MPaおよび臨界温度374℃を越えた超臨界状態にあると考えられ,低温の深海に噴出して直ちに冷やされて液体に緩やかに遷移するという過程を伴った流れを形成する.その流れ場は,物性値が臨界点で大きく変化することから,流体力学的に異なる特徴を持つ流れが混在し,複雑な流れ構造をもつ.このような深海の超臨界水噴出流れを解析することは,たとえば超臨界水が海底地殻内の鉱物類を多く溶け込ませ効率的に輸送することから,海底熱水鉱床開発に関わるような海底熱水系における物質の移流拡散解析など,今後の深海開発に大きく貢献する可能性をもつ.本研究では,深海の熱水噴出孔から噴出する超臨界水の複雑な流れ場の構造を,数値シミュレーションによって捉える.


  開催報告

地球情報基盤センターが発足して初めて研究セミナーは、日本大学理工学部数学科 小紫誠子 准教授を講演者としてお迎えし開催しました。「海底熱水噴出孔」をテーマとした全く新しい分野のシミュレーション研究であり研究者の関心も大変高く、また「横串セミナー」の名のとおり、センター内の研究者のみならず、様々な研究分野の研究者が参加し、会議室がほぼ満員となる40名を超える大変盛況な記念すべき第一回セミナーとなりました。


  問い合わせ先
地球情報基盤センター
大西 領
TEL:045-778-5848
e-mail: