COI-S 第5回シンポジウム~水大循環をベースとした持続的な『水・人間環境』~

重要なお知らせ(シンポジウム開催延期のご案内)

2021年3月16日に当機構にて発生したセキュリティインシデント(3月18日報道発表)の原因調査等の影響により、オンラインシンポジウム開催のための安定的な通信を確保することが難しい状況となったため、本シンポジウムの開催を延期させていただくこととなりました。
ご参加を予定されていた方には大変ご迷惑をお掛けいたしますこと、深くお詫び申し上げます。

延期後の実施日については決まり次第ホームページにてご案内いたします。



本プロジェクトは、信州大学が拠点となってすすめている「世界の豊かな生活環境と地球規模の持続可能性に貢献するアクア・イノベーション」のサテライトとして、研究開発が進められてきました。本サテライトでは、「水大循環と人のくらし」が持続的発展する将来像を、世界初のシミュレーションや新しく構築したデータを基盤にして、新たな首都圏の姿を提示したいと考え、挑戦をしてきました。
これらの挑戦から、グリーンインフラを基盤とする首都圏の姿が明らかになってきており、また2050年の関東圏の在りようも見えてきています。本シンポジウムでは、プロジェクトの最終年度を前に、これまで得られた成果の概要をご紹介し、意見交換を通して今後の研究開発の発展可能性をお示ししたいと考えています。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

概要


シンポジウムタイトル: ~水大循環をベースとした持続的な『水・人間環境』第5回シンポジウム~
日時: 令和3年3月29日(月)13:30~17:10
(受付開始13:00)
会場: オンライン開催(zoomウェビナー)
お申込み後、接続先URLをお送りいたします。
お申込み(参加登録):
(参加費無料・事前登録制)
お申込みフォーム休止中

※今回お預かりいたします個人情報は、海洋研究開発機構個人情報及び個人番号保護管理規程に基づいて安全かつ適切に取り扱い、お申し込みに関する確認や登録者ご本人からのお問い合わせに対する回答にのみ利用させていただきます。
当機構の個人情報保護についての基本方針はこちらをご覧下さい。

プログラム

 本シンポジウムのプログラムは予告なく変更になる場合がございます。
 予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

13:00~13:30 開場・受付開始
13:30~13:40 開会挨拶
所 眞理雄((株)オープンシステムサイエンス研究所)
13:40~14:00 プロジェクトの説明
プロジェクトの足跡と成果 -分野融合のその先へ-
高橋 桂子 (海洋研究開発機構)
14:00~15:00 首都圏の水循環をグリーンインフラから考える

·危機からのデザイン(Design from Crisis)
  -「首都圏水循環グリーンインフラ」研究
  石川 幹子 (中央大学研究開発機構)

·首都圏のデータ整備の現状と課題
  山本 遼介 (中央大学研究開発機構)

·「首都圏水循環グリーンインフラ」研究の政策的意義
  梛野 良明 (中央大学研究開発機構)
  横山 紗英 (中央大学大学院理工学研究科)
15:00~15:10 休憩
15:10~16:10 「水と暮らし」を支える新しい技術とその思想

·社会実装を支える水大循環シミュレーション
  松田 景吾 (海洋研究開発機構)

·「水と暮らし」を支える流域モデリング技術
  田原 康博 ((株)地圏環境テクノロジー)

·人為的な水環境変化による影響をとらえる
  -シミュレーションデータの整備(1975年~2050年)
  木村 雄司 ((株)ハオ技術コンサルタント事務所)
16:10~16:20 休憩
16:20~17:00 パネルディスカッション「COISの今後」

ファシリテーター:所 眞理雄((株)オープンシステムサイエンス研究所)
パネリスト :高橋 桂子(海洋研究開発機構)
       石川 幹子(中央大学研究開発機構)
       梛野 良明(中央大学研究開発機構)
       松田 景吾(海洋研究開発機構)
       木村 雄司((株)ハオ技術コンサルタント事務所)
       田原 康博((株)地圏環境テクノロジー)
17:00~17:10 閉会挨拶
高橋 桂子(海洋研究開発機構)

 主催:国立研究開発法人海洋研究開発機構
 お問い合わせ先(シンポジウム事務局)
国立研究開発法人海洋研究開発機構
研究推進部研究推進第2課
電子メール:es-sympo@jamstec.go.jp