地球深部探査センター
ENGLISHサイトマップお問い合わせ先 IODP
ホーム ちきゅう 研究航海 About Us ご利用ガイド
ホームAbout Us > IODPについて
CDEX
センター概要
IODPについて
IODP掘削提案フィジビリティ研究
IODP乗船後研究委託について
評価助言会議
安全基本方針
採用情報
スタッフディレクトリ
お問い合わせ先
国際深海科学掘削計画(IODP)とは
IODP LOGO 日本と米国が主導する地球環境変動、地球内部構造及び地殻内生物圏の解明を目的とした国際的な海洋科学掘削計画として、2003年10月より2013年9月まで統合国際深海掘削計画(IODP)が実施されました。2013年10月からは、国際深海科学掘削計画(IODP)として、引き続き、日本・米国・欧州を始めとする26カ国で科学掘削を推進する事を合意しました。
日本の地球深部探査船「ちきゅう」と米国が提供するジョイデス・レゾリューション号、欧州が提供する特定任務掘削船(MSP)の複数の掘削船により科学研究航海を実施しています。
プログラムのミッション、航海予定、メンバー、出版物などについては、以下をご覧ください。
IODP web portal (http://www.iodp.org/)

▲地球深部探査船「ちきゅう」

▲ジョイデス・レゾリューション号

▲特定任務掘削船(MSP)
 
CDEX/JAMSTECとIODP

PHOTO

海洋研究開発機構 (JAMSTEC)は、2004年11月18日にIODPの中央管理組織であるIODPマネジメント・インターナショナル社(IODP-MI)との間の了解覚書を締結しました。この了解覚書により、IODP計画全体を管理・運営するIODP-MIと、地球深部探査船「ちきゅう」の運用機関であるJAMSTECとの間で IODP活動に関する正式な協力の枠組みが確立しました。地球深部探査センター(CDEX)はIODP日本実施機関として「ちきゅう」の運用を通じて新しい科学の世界を創っています。
IODP
文部科学省と米国科学財団との覚書
IODPの科学目標

▲ISP表紙
IODPでは初期10年間(2003年から2013年)における科学計画を設定しました。また、それを受けて日本が特に重点的に取り組むべき課題についてIODP国内科学掘削推進委員会の検討がなされ、以下の5つに集約されました。
  1. マントル活動と地球システム変動
  2. 地殻活動と地球システム変動
  3. 沈み込み帯のダイナミクス・物質循環と地球システム変動
  4. 長期孔内計測
  5. 地下生物圏研究の戦略
「IODP初期科学計画」
「地球システム変動の解明を目指して:IODPにおける我が国の科学戦略」
IODPにおける我が国の科学戦略−掘削提案の実現に向けて
PDFファイルをご覧になるにはAdobeReaderをインストールする必要があります。AdobeReaderのダウンロードはこちらから
このページの先頭へ
Copyright 2006 JAMSTEC. ALL RIGHTS RESEVED. JAMSTEC website CDEX