ちきゅうキッズ
トップページ ニュース しりたい みたい しらべたい ききたい
地球・生命について新しい科学の歴史が始まる 地球深部探査船「ちきゅう」
関連イメージ「ちきゅう」は、人類史上初めてマントルやきょだい地震が発生する場所を ほり進める世界初のライザー式科学くっさく船です。

「ちきゅう」は、とうごう国さいくっさく計画(IODP)の主力船として地球たんさを行っています。
地球が水と生命にめぐまれたオアシスであることを私たちはすでに知っています。しかし、かこ46億年の地球の歴史でくり返されてきた、いん石しょうとつ、地震、火山ふん火、つなみ、いじょう気候の発生は、地球上の生命に大きなえいきょうをあたえてきました。

かこの気候変動、生物の活動、地かく変動などを地球はその内部にきおくしています。
「ちきゅう」は、きょだい地震発生のしくみ、しょうらいの地球きぼのかんきょう変化、生命の起こり、新しい海底しげんのけんきゅうなど、人類の未来を開く様々な成果をあげることを目指しています
きょだい地震のナゾをとく
安全にくらせる社会をつくる
関連イメージ「ちきゅう」は、科学の世界で初めてきょだい地震の震げんまでほり進み、そこを直せつ観そくして、地震がなぜ発生するのか、そのしくみをかいめいします。またほり進んだ穴には観そくそうちを取り付けて、地震発生と同時に、そのじょうほうを陸上へすばやく伝えるシステムを目指しています。
私たちはどこから来たのか
まだだれも知らない生命たんじょうのナゾにせまる
関連イメージまだ酸素もなかった大昔の地球で、最初のいのちが誕生しました。今の地球でも、地下の奥深くにはそのころに似たような環境がのこっています。「ちきゅう」は海底を掘り、地下に眠っている生命をさがし、生命たんじょうのナゾにせまります。
人類がたどりついた事のない地球のおく深くマントルへのとうたつ
かけがえのない地球をもっとよく知るために
関連イメージ「ちきゅう」は、世界で初めて、海底下から7,000メートルをほりぬいてマントルへととうたつできます。大陸のいどう、大きな火山活動、地球はたんじょう以来そのすがたを変え続けています。その大きな力は固体でありながら水あめのように流れる不思議なぶっしつ「マントル」だと言われています。地球の中で起こっていることが地上へどんなえいきょうを起こすのかをしらべます。
マントルとは?:
固定地球を形づくっている大きな層の内、深さ約2,900kmまでが岩石で、地球全体の80%をしめています。
マントル内部で発生するきょだいな流れが地球かんきょう変動に重要な役わりを果たしていると考えられています。人類はまだマントルそのものを直せつ手にしたことはありません。

→Q&A マントルってどろどろにとけたマグマじゃないの?
地球のかこから未来をみつめる
関連イメージ「ちきゅう」によって掘られたものは、過去に地球でおこった環境の変化のようすを記録している貴重なレコーダーです。くわしい記録をぶんせきすることで、地球環境の変化のしくみを理解し、私たちの地球が将来どうなっていくのか知ることができます。
このページの先頭へ