地球深部探査センター
ENGLISHサイトマップお問い合わせ先 IODP
ホーム ちきゅう 研究航海 About Us ご利用ガイド
ホーム > ライブラリ
ライブラリ
IODP/CDEX科学出版物はこちら
ニュースレター
CDEX ニュースレター 地球発見 - CHIKYU HAKKEN -
地球発見

オンライン日本語版ISSN 1880-3253
オンライン英語版ISSN 1880-3261

パンフレット
IODP南海トラフ地震発生帯掘削計画
image
IODP「南海トラフ地震発生帯掘削計画」の科学目的などを紹介します。
  • 未踏の巨大地震発生帯へ
  • 科学掘削が真の姿を解明する
  • 海洋科学掘削が地震発生メカニズムの解明に挑む
  • 世界の科学コミュニティがひとつになって挑む
  • 最先端の掘削技術を駆使する
ダウンロード(日本語版)3.12MB
ダウンロード(英語版)6.02MB
2009年までの成果概要
ダウンロード(日本語版)1.71MB
南海トラフ地震発生帯掘削計画 ステージ2
image
南海トラフステージ2の科学戦略などを紹介します。
【2009年4月発行】

ダウンロード(日本語版)2.04MB
ダウンロード(英語版)1.83MB
海底下7000mの世界へ!
人類未踏のマントル到達や生命の起源の探索など、「ちきゅう」が目指す主な科学目標や、
その性能を紹介します。
【2005年7月発行】
  • 巨大地震発生の謎を解く
  • 生命の始まりに迫る
  • 掘り出した地層から過去を探る
  • 大地を動かすマントルまで掘る
ダウンロード(日本語版)8.33MB
 
地球深部探査船「ちきゅう」
海底下7,000メートルもの掘削能力を持つ地球深部探査船「ちきゅう」の仕様や
船内設備を紹介します。


掘削装置、泥水循環システム、船位保持システム、
研究区画、ライザーパイプとドリルパイプ、居住区画、
ヘリデッキ、噴出防止装置、主要目など

 

 

ダウンロード(日本語版)1.43MB
ダウンロード(英語版)1.32MB
地球深部探査センター
地球深部探査船「ちきゅう」の運用計画の立案、技術開発、掘削事前調査、掘削の実施、研究データの管理までを行う地球深部探査センター(CDEX)や「ちきゅう」の科学目標を紹介します。
【2005年5月発行】
  • 大災害・巨大地震は予測できるか!?
  • 今まで不可能だった巨大地震の震源を掘る「ちきゅう」
  • 私たちはどこから来たのか!?
  • 海上の最先端研究所「ちきゅう」
  • 人類未踏の地球深部マントルへの到達!?
  • コア試料から見える地球の過去と未来
ダウンロード(日本語版)2.11MB
ダウンロード(英語版)1.95MB
(こども・日本語版)2.06MB
 
パンフレット
深海掘削検討会報告書:深海掘削による生命・地球科学の新しいパラダイムを求めて
深海掘削科学は、地球環境変動の理解や予測、新しい地下生命圏の探査、地球内部の活動や地震、火山活動といった固体地球活動の実態解明を目的とした広範囲の基礎科学であり、さらには、様々な工学を包含した巨大科学である。これを大きく前進させるため、我が国は地球深部探査船「ちきゅう」を建造し、世界25ヶ国が参加する統合国際深海掘削計画(IODP)を米国と共に主導してきた。
IODPは2013年10月から次期計画へと移行し、「ちきゅう」を運用する我が国においても、次期計画期間の中で、どのような科学目標を重点とし何を目指すかを明確にするため、計5回の検討会を開催した。以下はその成果である。(つづく)

【平成24年3月発行】深海掘削検討会

ダウンロード(日本語版)2.96MB
 
地球システム変動の解明をめざして:IODP における我が国の科学計画
我が国はIODPの遂行にあたって、国際的にも中心的な役割を担うことが期待されています。したがって、これまで積み上げられてきた国際的な科学計画策定の動きを踏まえた上で、我が国が主導することが期待できる研究テーマをできうる限り具体的に設定し、我が国の研究者が、IODPに主体的、積極的に参加できるようにするための青写真を作成してゆくことが必要です。本計画案は、我が国の研究者コミュニティの意思をこれまでの国内シンポジウム、各種関連委員会などからくみ取り、IODP国内科学掘削推進委員会がまとめたものです。(つづく)

【2002年11月発行】IODP 国内科学掘削推進委員会

ダウンロード(日本語版)2.73MB
ダウンロード(英語版)15.7MB
IODP 掘削プロポーザル作成の手引き
統合深海掘削計画(Integrated Ocean drilling program = IODP)が2003 年から開始されます。日本はライザー掘削船「ちきゅう」を建造中ですが、米国が提供する従来型のノンライザー船、欧州が提供を検討している特定目的の掘削船(MSP)を含めた複数の掘削船を用いる大プロジェクトとなります。この船を利用するには、研究提案(プロポーザル)を提出する必要があります。この手引書の目的は、多くの(潜在的な)プロポーネントの皆さんに掘削・計測について良く理解して頂き、積極的かつ魅力的なプロポーザルを作成していただくためのお手伝いをすることにあります。(つづく)

【平成14 年6 月発行】IODP 国内科学掘削推進委員会掘削・計測検討専門部会

ダウンロード(日本語版)17.5MB
 
IODP略語集

統合国際深海掘削計画(IODP)は計画を主導する日本と米国を含めて世界17カ国が参加する国際研究プログラムです。関連会議名や組織名などに多くの英略語が使用されます。IODP日本関係機関の協力でIODP略語集を用意しました。より詳しくプログラムを知るためにご活用ください。

(協力:文部科学省、日本地球掘削科学コンソーシアム(J-DESC)、海洋研究開発機構)

HTML版
2010年8月版(194KB)
PDFファイルをご覧になるにはAdobeReaderをインストールする必要があります。
AdobeReaderのダウンロードはこちらから
このページの先頭へ
Copyright 2006 JAMSTEC. ALL RIGHTS RESEVED. JAMSTEC website CDEX