JAMSTEC > 基幹研究領域 > 大気海洋相互作用研究分野

大気海洋相互作用研究分野

熱帯の海洋や島々の上で何が起きているのでしょうか?

太陽からの熱エネルギーを地球上で最も多く受ける熱帯域の中でも、東部インド洋から西部太平洋にかけての海域は海面水温が最も高く暖水プールと呼ばれています。この海域には、インドネシア多島海を始めとして海と陸地が混在し、大気の対流活動(積乱雲の発生)が活発です。この大気の上昇流域はウォーカー循環と呼ばれる赤道に沿って東西鉛直断面上に存在する風の循環場を構成しますが、南北に形成されるハドレー循環とともに、大気大循環の駆動源としての役割を果たしています。つまり、この海域での対流活動の動向が全球の気候変動に影響をもたらすことを意味します。

当該研究分野では、この海洋と大気と陸域の相互作用が本質的だと考えられているモンスーンやマッデン・ジュリアン振動、インド洋ダイポール現象などの短期気候変動現象や、特に沿岸部で激しい豪雨等の極端現象について、主に現場観測の立場からそれらのメカニズム解明を目指して研究を進めています。

大気海洋相互作用研究分野
分野長 米山 邦夫