地震津波海域観測研究開発センター

センター概要

地震津波海域観測研究開発センターでは、東海、東南海、南海地方の地震・津波観測監視システムの構築と地震予測モデルの研究を実施しております。

地震・津波観測監視システム(DONET)

平成23年に紀伊半島沖合に20点の観測網を設置し観測を開始しました。DONETより得られるデータは、気象庁、防災科学技術研究所へリアルタイムでデータ配信されています。
また、平成22年から『DONET2』として新たに潮岬沖から室戸岬沖の南海地震震源域で地震・津波観測監視システムの整備を開始しました。

長期孔内観測システム

平成22年に地球深部探査船「ちきゅう」により海底に掘削した掘削孔に地震計等のセンサーを海底下約900 mの位置に設置しました。長期孔内観測システムは、DONETへ接続することにより精密な地震データ等をリアルタイムで観測することができます。

南海トラフ巨大地震の連動性評価研究

平成20年度より南海トラフの巨大地震の連動性(東海、東南海、南海の連動性)の調査研究および地震予測モデルを大学や研究機関とともに文部科学省からの受託研究として実施しています。

ひずみ集中帯の重点的調査・観測研究

平成21年度より日本海におけるひずみ集中帯の調査研究を文部科学省からの受託研究として実施しています。

地殻変動/生態モニタリング

DONETおよびリアルタイム深海底観測システムのデータを利用して地震予測モデルの研究および生態研究を実施しています。

リアルタイム深海底観測システム

現在ある十勝・釧路沖、初島沖、室戸沖の3つの既存海底ケーブルの運用およびデータ提供を行っています。