地震津波海域観測研究開発センター

センターの体制

地震津波海域観測研究開発センターは8つのグループで構成されています。

地震津波海域観測研究開発センター

海底観測技術開発グループ
海底観測ネットワークの構築及び運用に係る研究開発
海底観測網、長期孔内観測によるリアルタイムモニタリングシステムに係る開発
地震津波予測研究グループ
調査観測の研究成果、モニタリングデータ等を用いた地震発生予測の高度化に係る研究
シナリオデータベースの構築及びそれを活用した地震津波シミュレーションの高精度化に係る研究
地震発生予測の高精度化のためのデータ同化手法に係る研究開発
地震発生帯モニタリング研究グループ
モニタリングによる地震発生帯に係る研究 地震津波の早期検知に係る研究開発
早期検知時の情報発信システムに係る研究開発
モニタリング及び予測研究の成果を活用した研究
海域断層情報総合評価グループ
地下構造データ、海底地形、歴史資料等の総合解析による海域断層解析評価に係る研究
地震津波被害軽減に向けた基盤情報プラットフォームの構築
プレート構造研究グループ
プレート境界域における地震発生構造に係る研究
海洋プレートの地震学的構造、活動、変質等に係る研究
大規模広域地下構造調査及び高分解能地下構造調査に係る研究
広域地震活動観測研究グループ
地震学的手法による海底下及び海洋の活動、構造及び現象に係る研究
海域における固体地球物理観測に係る研究
海底地質・地球物理観測研究グループ
海底地質及び地球物理観測による海底変動及び海底下の構造、物質及び熱循環に係る研究
企画調整グループ
地震津波海域観測研究開発センターの所掌業務に係る総合調整
研究開発課題に係る企画、予算の企画及び立案