EARTH SIMULATOR
ENGLISH TOP

地球シミュレーターのご利用について

2008年10月15日より地球シミュレータ更新作業のため320ノードで運用しています。
今年度計画保守を除くノード停止時間は全体の1.46%です。

<解説>

  • ノードは8個のプロセッサから構成されており、1個のプロセッサが故障しても運用上、ノードダウンとしています。
  • ノードがダウンした場合、当該ノードのみ運用から除外され、当該ジョブは別ノードがアサインされ自動的にリスタートされます。
  • ディスクは全てRAID5構成であり、ディスク系の障害件数のほとんどは運用上影響のない件数です。
  • カートリッジテープライブラリは二重化運用しており、障害件数のほとんどは運用上影響のない件数です。

<部品点数>

ES本体(PN+IN)

  • PN:計算ノード 640ノード
     -計算プロセッサ: 5120個=(8個/ノード)*640ノード
     -メモリコントローラ: 20,480個=(32個/ノード)*640ノード
     -メモリチップ: 983,040個=(1,536個/ノード)*640ノード
  • IN:結合ネットワーク 130ユニット
  •  

ハードディスク

  • Userディスク(約230TB)
    HDD 3,520個、 ディスクコントローラ 44台 
  • Workディスク(約450TB)
    HDD 3,200個、 ディスクコントローラ 320台 

MDPS

  • FSP 4台
  • HDD  1,992個
  • ディスクコントローラ 88台

テープ装置 (MDPSサブシステムに含まれるカートリッジテープライブラリ)

  • テープドライブ 92台
  • カートリッジテープ 約33,000巻

ログインサーバ他

  • ログインサーバ 2台
  • 遠隔利用サーバ 2台
  • その他各種サーバ、ネットワーク機器
独立行政法人 海洋研究開発機構 Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology (JAMSTEC)

COPYRIGHT JAMSTEC. ALL RIGHTS RESERVED.