地球シミュレータ 地球シミュレータ
 
 ES-Repository
 CEIST
平成27年度地球シミュレータ利用報告会


 国立研究開発法人海洋研究開発機構は、地球シミュレータを利用して得られた成果の公表と今後の展開についてご紹介する「平成27年度 地球シミュレータ利用報告会」を開催します。
 本報告会は、産業界も含め広く一般に対しても地球シミュレータの成果を公開することで、地球シミュレータを用いた研究活動や、シミュレーション科学、計算科学の重要性について理解を深めていただくとともに、シミュレーションにより新たな価値を生み出すイノベーションの創造に向けた情報交換の場としていただけます。
 また、地球シミュレータを利用した各課題のパネル展示も行います。是非ご参加ください。

 平成27年度地球シミュレータ利用報告会
 ~地球シミュレータによる社会貢献とイノベーションの創造に向けて~

 日時
 平成28年3月11日(金)10:00 - 17:30 (09:30 開場)

 会場
 コクヨホール 2F 
 東京都港区港南1-8-35
 [アクセスマップ(日本語) (English)]
平成27年度地球シミュレータ利用報告会MAP

 プログラム
  チラシ・プログラム(PDF)

10:00-10:05開会挨拶
海洋研究開発機構 理事 堀田 平
10:05-10:10来賓挨拶
文部科学省研究振興局計算科学技術推進室
室長 工藤 雄之
10:10-10:40特別講演:災害・ものづくり系シミュレーションとスパコンからのイノベーション
東京工業大学学術国際情報センター 教授 青木 尊之
10:40-11:05古環境研究および気候将来予測に資する気候数値実験
東京大学大気海洋研究所 阿部 彩子
11:05-11:30四次元変分法データ統合システムを用いた全球長期海洋環境の再現
海洋研究開発機構地球環境観測研究開発センター
増田 周平
11:30-11:55急変する北極気候システム及びその全球的な影響の総合的解明
海洋研究開発機構北極環境変動総合研究センター
小室 芳樹
11:55-13:20昼休み(ポスターセッション・コアタイム)
13:20-13:45大規模シミュレーションを用いた革新的ロバスト炭素膜による水処理機構に関する研究
信州大学先鋭領域融合研究群カーボン科学研究所
遠藤 守信
13:45-14:10全球非静力学モデルを用いた高解像度計算による気象擾乱の発生・発達メカニズムとその予測可能性に関する研究
海洋研究開発機構シームレス環境予測研究分野
那須野 智江
14:10-14:35海洋の渦・前線とそれらが生み出す大気海洋現象の解明
海洋研究開発機構アプリケーションラボ 野中 正見
14:35-14:45休憩
14:46東日本大震災5周年追悼のための黙祷
14:50-15:15火山ダイナミクスの数値シミュレーション
東京大学地震研究所 小屋口 剛博、鈴木 雄治郎
15:15-15:40先端的固体地球シミュレーションコードの開発
海洋研究開発機構数理科学・先端技術研究分野
古市 幹人
15:40-16:05持続的な安全社会の構築に資する先端的マルチスケール環境予測シミュレーション
海洋研究開発機構地球情報基盤センター 大西 領
16:05-16:40休憩(ポスターセッション・コアタイム)
16:40-17:05地球温暖化施策決定に資する気候再現・予測実験データベース
気象庁気象研究所 高薮 出
17:05-17:30北極域環境変動メカニズムの解明に向けた高解像度海氷海洋結合モデリング
海洋研究開発機構北極環境変動総合研究センター
渡邉 英嗣
17:30閉会挨拶
海洋研究開発機構地球情報基盤センター
センター長 高橋 桂子

 ※講演内容・時間については変更となる可能性があります。


 お申込み 参加費無料

   ※事前受付は終了いたしました。
   参加ご希望の方は当日会場へ直接お越しください。

お問合せ先
 国立研究開発法人海洋研究開発機構
 地球シミュレータ利用報告会事務局
 TEL:045-778-5861 
 mail