EARTH SIMULATOR
ENGLISH TOP

地球シミュレーターのご利用について

ユーザサポート
 
ES-Repository

地球シミュレータ産業利用シンポジウム2012 開催報告

 独立行政法人海洋研究開発機構は「地球シミュレータ産業利用シンポジウム2012」を平成24年10月11日(木)に学術総合センター(東京都千代田区)にて開催いたしました。
 プログラムは以下のとおりです。各発表に関する発表資料をリストからダウンロードできます。
 当日は100名を超えるご参加をいただき、初めての試みだったポスターセッションでも活発なご議論をいただきました。誠にありがとうございました。

招待講演の奥田教授ポスター会場の様子

12:00 -    開場
12:30 - 12:35主催者挨拶
 独立行政法人海洋研究開発機構 理事  堀田 平
12:35 - 12:45文部科学省挨拶
 文部科学省 研究振興局 基盤研究課 課長  柿田 恭良
12:45 - 13:00地球シミュレータ産業戦略利用プログラム事業説明
 独立行政法人海洋研究開発機構  浅野 俊幸
13:00 - 14:00招待講演
 オープンソース有限要素法構造解析コードFrontISTRの先進的特長および産業応用の現状と課題
 東京大学  奥田 洋司
成果報告(講演)
14:00- 14:30 大規模並列計算による車輪・レール間の転がり接触解析手法の構築
 公益財団法人鉄道総合技術研究所 坂井 宏隆
15:30 - 16:00 流体構造大規模連成解析を用いた高性能タービン翼設計法の開発
 株式会社東芝 京浜事業所  川崎 栄
16:00 - 16:30 2BOX車型の車両空気抵抗低減技術の開発
 トヨタ自動車株式会社  山村 淳
16:30 - 17:00 大規模数値解析による電気機器高効率化技術の開発
 川崎重工業株式会社  澤田 正志
17:00 - 17:30 平野における高周波数帯域まで適用できる強震動評価技術の開発
 株式会社構造計画研究所  田島 礼子
成果報告(ポスター) 14:30- 15:30
 2BOX車型の車両空気抵抗低減技術の開発
 トヨタ自動車株式会社  山村 淳
 ゴム中のナノ粒子ネットワーク構造のモデル構築による高性能タイヤの開発
 住友ゴム工業株式会社  多田 俊生
 機能性ナノ粒子設計シミュレーション
 株式会社東芝 研究開発センター  吉田 孝史
 三次元有限要素法による回転機の高速高精度数値解析技術の開発
 東洋電機製造株式会社  中村 雅憲
 確率論的アルゴリズムを用いた次世代インダクタの設計最適化
 太陽誘電株式会社(現 小山工業高等専門学校)  飯島 洋祐
 高効率バスバーの開発
 株式会社松尾製作所  小木曽 紀春
 大規模並列計算による車輪・レール間の転がり接触解析手法の構築
 公益財団法人鉄道総合技術研究所  坂井 宏隆
17:30 - 17:35閉会挨拶
 独立行政法人海洋研究開発機構 地球シミュレータセンター
 センター長  渡邉 國彦
17:35 - 18:00休憩・準備
18:00 - 19:30懇談会

独立行政法人 海洋研究開発機構 Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology (JAMSTEC)

COPYRIGHT JAMSTEC. ALL RIGHTS RESERVED.