EARTH SIMULATOR
ENGLISH TOP

地球シミュレーターのご利用について

ユーザサポート
 
ES-Repository

文部科学省等の推進事業による利用

21世紀気候変動予測革新プログラム

21世紀気候変動予測革新プログラム」は第3期科学技術基本計画の下、文部科学省の研究推進策として、平成19年度から平成23年度まで実施されました。
このプログラムは平成14年度から平成18年度まで実施された「人・自然・地球共生プロジェクト」の成果を基盤とし、世界最高水準のスーパーコンピュータ「地球シミュレータ」の能力を最大限に活用し、
 1)避けられない温暖化に向けた温暖化予測モデルの高度化および予測
  (長期地球環境予測・近未来気候予測・極端現象予測)、

 2)予測結果を対応策立案に結び付けるために自然災害に関する影響評価・
  対応策の検討、

 3)これらの実際問題に応用するための予測の不確実性の定量化・低減
以上3点をプロジェクトの柱として、実施されました。
2014年発行予定のIPCC第5次評価報告書への貢献はもとより、確度の高い予測情報を国内外の地球温暖化対応に関する検討の場に提供し、気候変動に対する政策検討、技術的政策の立案に貢献しました。

独立行政法人 海洋研究開発機構 Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology (JAMSTEC)

COPYRIGHT 2007 JAMSTEC. ALL RIGHTS RESERVED.