EARTH SIMULATOR
ENGLISH TOP

地球シミュレーターのご利用について

ユーザサポート
 
ES-Repository

地球シミュレータ計算資源配分について


地球シミュレータの計算資源は大きく「公募課題」、「特定課題」、「機構課題」の3つの枠に割り当てられます。

(1)公募課題
先端大型研究施設として、広く利用に供することにより、我が国の科学技術レベルの向上に資するため、地球科学分野について、一般から課題を公募します。

(2)特定課題
競争的資金等を基にし、国等からの委託により地球シミュレータを利用して進めるプログラムについては、「地球シミュレータ特定課題」として受け入れます。現在は「気候変動リスク情報創生プログラム」、文部科学省の先端研究基盤共用・プラットフォーム形成事業による「地球シミュレータ産業戦略利用プログラム」、「受託研究(戦略的創造研究推進事業[JST/CREST], 科学研究費助成事業など)」があります。

(3)機構課題
海洋機構が主導する研究プロジェクトおよび国際・国内共同研究、自然災害等に関連する緊急ジョブの実行など社会貢献につながる活動について、「機構課題」として資源配分を行います。また、産業界の研究・開発、設計・製造への地球シミュレータ活用を目指した成果専有型有償利用についても機構課題で行います。


  図:平成26年度地球シミュレータ計算資源配分(予定)
 運用・利用状況により、配分は変わる可能性があります。

独立行政法人 海洋研究開発機構 Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology (JAMSTEC)

COPYRIGHT JAMSTEC. ALL RIGHTS RESERVED.