EARTH SIMULATOR
ENGLISH TOP

 

地球シミュレータ産業利用シンポジウム2011

 独立行政法人海洋研究開発機構は、世界でも有数な計算性能を誇る地球シミュレータの共用を促進するために、文部科学省先端研究施設共用促進事業の補助を受け「地球シミュレータ産業戦略利用プログラム」を実施しています。

 地球シミュレータの産業利用の成果の紹介と今後の利用推進を目的として「地球シミュレータ産業利用シンポジウム2011」を下記のとおり開催します。本シンポジウムでは、主として平成22年度に実施された課題の利用成果報告とスパコンによる産業利用活性化などについての講演を行ないます。

 地球シミュレータのご利用に関心のある方々は是非ご参加下さい。

日時・場所
 2011年10月19日(水)10:30 - 17:30(開場:10:00)
 学術総合センター 中会議室(定員150名)
 [住 所] 東京都千代田区一ツ橋2丁目1番2号

お申込み ※事前受付は終了いたしました。参加ご希望の方は当日会場へ直接お越し下さい。

お問合せ先
 独立行政法人海洋研究開発機構 地球シミュレータ産業利用シンポジウム事務局 
 TEL:045-778-5456 
 mail


開催当日の注意事項
 ※入館の際は会場の警備上の都合により、以下のいずれかを会場1階の警備員へご提示ください。
  身分証明証(免許証、社員証など)、又は、本シンポジウムにかかわるプリントアウト


プログラム

10:00 -    開場
10:30 - 10:35主催者挨拶
 独立行政法人海洋研究開発機構  今村 努
10:35 - 10:40文部科学省挨拶
 研究振興局 基盤研究課
10:40 - 11:00地球シミュレータ産業戦略利用プログラム事業説明
 独立行政法人海洋研究開発機構  新宮 哲
11:00 - 11:40招待講演
 スパコンによって常識を破る -本質的進展による産業利用活性化-
 東北大学  川添 良幸
成果報告1
11:40 - 12:05 機能性ナノ粒子設計シミュレーション
 株式会社東芝  吉田 孝史
12:05 - 12:30 ゴム中のナノ粒子ネットワーク構造のモデル構築による高性能タイヤの開発
 住友ゴム工業株式会社  岸本 浩通
12:30 - 13:45昼食休憩
成果報告2
13:45 - 14:10 非Si系太陽電池材料の安定構造の解析を基にした高効率化研究
 株式会社本田技術研究所  古田 照実 / 財団法人高度情報科学技術研究機構  手島 正吾 
14:10 - 14:35 タンパク質‐阻害剤の結合エンタルピー予測法の開発
 大正製薬株式会社  宮川 博夫
14:35 - 15:00 二酸化炭素地下貯留に関する大規模シミュレーション技術の開発
 大成建設株式会社  山本 肇
15:00 - 15:25 大規模平野の強震動評価技術の開発
 株式会社構造計画研究所  西條 裕介
15:25 - 15:45休憩
成果報告3
15:45 - 16:10 非定常渦構造の特性解明およびそれに基づく抜本的空気抵抗低減技術の開発
 トヨタ自動車株式会社  安木 剛
16:10 - 16:35 メッシュ再分割機能を利用したターボ機械大規模解析環境の構築
 株式会社電業社機械製作所  富松 重行
16:35 - 17:00 タービン動翼非定常流体力の高精度大規模CFD解析法の開発
 株式会社東芝  渋川 直紀
15:45 - 17:25 三次元有限要素法による回転機の高速高精度数値解析技術の開発
 東洋電機製造株式会社  中村 雅憲 / 岐阜大学  河瀬 順洋
17:25 - 17:30閉会挨拶
 独立行政法人海洋研究開発機構  渡邉 國彦
17:30 - 17:45休憩・準備
17:45 - 19:00懇談会
 ※講演内容・時間については変更となる可能性があります。

配布資料
 チラシ(PDF)

地図
 地図
 [住 所] 東京都千代田区一ツ橋2丁目1番2号
 [最寄駅] 神保町駅下車 A8 出口から徒歩3 分/ 竹橋駅下車 1B 出口から徒歩4 分


海洋研究開発機構 Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology (JAMSTEC)

COPYRIGHT JAMSTEC. ALL RIGHTS RESERVED.