地球シミュレータ 地球シミュレータ
 
 ES-Repository
 CEIST
大規模共有メモリシステム(SGI UV2000)

本システムは、一般的な分散メモリ型のPCクラスタとは異なり、単一のコンピュータとして稼働する共有メモリ型のスーパーコンピュータです。 地球シミュレータの産業利用を促進し、国内の産業発展を目的とする「地球シミュレータ産業戦略利用プログラム」の一環として、様々な分野の産業で共同利用することを主目的に導入されました。また、地球シミュレータと連携することで、解析精度や計算効率の向上も期待されています。

大規模共有メモリシステムのご利用についてはこちら

ハードウェア構成

■フロントエンドサーバ
 プログラム開発や計算実行のためのジョブ投入を行います。

理論性能332.8GFLOPS
総プロセッサー(コア)数2CPU socket (16core)
【Intel Xeon E5-2650v2(2.6GHz, 8core)】
総メモリ容量64GB
OSSUSE Linux Enterprise Server 11 SP3

■大規模共有メモリシステム(SGI UV2000)
 4ラック構成のSGI UV2000は、最高水準の高バンド幅と低レイテンシのSGI NUMAlink6インターコネクタを備えた高性能スカラー型スーパーコンピュータです。 UV2000は通常のPCクラスタとは異なり、巨大なメモリが搭載された一台のコンピュータを扱う感覚で、2,560個のコアを使う事が出来ます。

理論性能49.152TFLOPS
総プロセッサー(コア)数256CPU socket (2,560core)
【Intel Xeon E5-4650v2(2.4GHz, 10core)】
総メモリ容量32TB
OSSUSE Linux Enterprise Server 11 SP3
ノード内接続SGI NUMAlink6


ソフトウェア構成

■言語系ソフトウェア
 大規模共有メモリシステムは、数値計算プログラムの開発環境として一般的なIntelコンパイラやIntel MKLを利用することが可能です。 並列ライブラリとして、SGI計算機システムのために最適化された業界標準のメッセージパッシングライブラリ(SGI MPT)を提供しています。

言語Intelコンパイラ(Fortran, C/C++, OpenMP)
GNUコンパイラ(Fortran, C/C++, OpenMP)
並列ライブラリSGI MPT
数値計算ライブラリIntel MKL
(BLAS, LAPACK, ScaLAPACK, FFT等)
上記言語系ソフトウェアの他、可視化系ソフトウェア等(NCAR, GrADS, GMT)を用意しています。

■解析系アプリケーション
 下記のアプリケーションについて、動作実績がございます。今後も動作検証を進めてまいりますが、ご要望があれば御連絡ください。あくまで動作実績であり、当機構で動作や計算結果を保証するものではありません。

流体解析流体解析ソフトウェアAdvance/FrontFlow/red
ANSYS® CFX®ANSYS® Fluent®CONVERGE™FINE™/MarineFINE™/TurboFINE™/Open with OpenLabs、OpenFOAM、HELYX®、 SCRYU/Tetra®STREAM®STAR-CCM+®
構造解析構造解析ソフトウェアAdvance/FrontSTR
ANSYS® Mechanical™LS-DYNA®
計算化学第一原理計算ソフトウェアAdvance/PHASE、AMBER、Gromacs、LAMMPS、NAMD、OpenMX、PHASE/0、QuantumESPRESSO、VASP、WIEN2k
音響解析音響解析ソフトウェアAdvance/FrontNoise
電磁界解析ANSYS® Maxwell®、NEC2++
半導体解析3次元デバイスシミュレータAdvance/DESSERT
マルチフィジックスCOMSOL Multiphysics®
CGレンダリング3DelightArnold
その他CCNV®(※4)、 HEEDS®(※5)

※1 動作条件(ソフトウェアバージョン、MPIライブラリなど)の詳細についてはお問い合わせください。

※2 商用アプリケーションの利用(ライセンス・サポート料金等)につきましては、ソフトウェアベンダーにお問い合わせください。

※3 商用アプリケーションのライセンス管理用サーバを無償でご利用いただけます。

※4 ユーザ端末で利用するクラウド利用支援アプリケーションです。

※5 大規模共有メモリシステムのフロントエンドサーバで利用する解析支援アプリケーションです。

【商標等について】
・Advance/FrontFlow/red、Advance/FrontSTR、Advance/FrontNoise、Advance/DESSERT、Advance/PHASEは、アドバンスソフト株式会社の登録商標または商標です。
・ANSYSおよび他のすべてのANSYS, Inc.の製品名およびサービス名は、ANSYS, Inc.、または、米国および他の国にあるANSYS, Inc.の子会社の登録商標です。
・ArnoldはAutodesk Solid Angleの登録商標または商標です。
・CCNVは株式会社ヴァイナスの登録商標です。
・COMSOL MultiphysicsはCOMSOL ABの登録商標または商標です。
・CONVERGEは、Convergent Scienceの登録商標または商標です。
・FINEは、NUMECA Internationalのベルギーおよびその他の国における商標です。
・HEEDSは、Red Cedar Technologyの登録商標です。
・HELYXは、英国ENGYS社の商標登録です。
・LS-DYNAは、Livermore Software Technology Corporationの登録商標または商標です。
・STAR-CCM+は、CD-adapcoの登録商標です。
・STREAM、SCRYU/Tetraは、ソフトウェアクレイドルの登録商標または商標です。
・その他すべての登録商標または商標は、それぞれの所有者に帰属します。
・その他、記載されている会社名、製品名等には必ずしも商標表示(®・™ )を付記しておりません。

【アドバンスソフトの製品について】
Advance/PHASE、Advance/FrontFlow/red、Advance/FrontSTRは、東京大学生産技術研究所計算科学技術連携研究センターが実施した文部科学省ITプログラム「戦略的基盤ソフトウェアの開発」プロジェクト、および、文部科学省次世代IT基盤構築のための研究開発「革新的シミュレーションソフトウェアの研究開発」プロジェクトの成果(ソフトウェア)をアドバンスソフト株式会社が商品化したものです。アドバンスソフトはこれらのプロジェクトに参加し、ソフトウェアの開発を担当しましたが、その成果を独自に改良して商用パッケージソフトウェアとし、販売保守を行っています。