更新:2014年01月27日

観測システム設計手法開発研究チーム (OREDA)

観測とシミュレーションとを融合する世界最先端のアンサンブル解析システムを開発し, これを用いた観測システムの最適化や予測可能性について研究しています. このチームには, 地球シミュレータセンターの研究者だけでなく, 地球環境変動領域の複数のプログラムからも研究者が参加しています.

ニュース

  • 実験的アンサンブル大気再解析 (ALERA2) データを公開しました。【ALERA2についてNew!
  • 山崎研究員らの論文が日本気象学会山本・正野論文賞を受賞しました。【もっと詳しく…New!
  • 猪上主任研究員・堀研究員・榎本招聘主任研究員らの論文が日本気象学会SOLA論文賞を受賞しました。【もっと詳しく…

プレスリリース

最新の研究成果

地球シミュレータ公募プロジェクト

お問い合わせ

〒236-0001
横浜市金沢区昭和町3173-25
海洋研究開発機構 横浜研究所 シミュレータ研究棟

地球シミュレータセンター
シミュレーション応用研究開発プログラム
観測システム設計手法開発研究チーム (OREDA)

取材などに関するお問い合わせは 情報システム部システム企画グループ までお願いいたします。