地球シミュレータ/HPCI戦略プログラム(分野3)合同シンポジウム

シンポジウム開催報告
  平成23年9月21日(水)秋葉原コンベンションホール(東京・千代田区)において "地球シミュレータ/HPCI戦略プログラム(分野3)合同シンポジウム~防災・減災に資する地球変動予測 「京コンピュータ」との連携~" を開催致しました。
世界トップクラスのスーパーコンピュータ「地球シミュレータ」と「京コンピュータ」が連携して防災・減災分野の研究を推進する「HPCI戦略プログラム(分野3)」における台風・集中豪雨、地震・津波等に関する研究内容、そしてスーパーコンピュータやシミュレーション科学が果たす役割・可能性についての講演が行われました。社会的な関心が高まっている防災・減災分野の研究であり質疑応答の時間には参加者から熱心な質問がなされ、科学的知見への期待を強く感じるシンポジウムとなりました。

 

● シンポジウム概要

 
  • 日時:平成23年9月21日(水)13:00~17:00(12:00開場)
  • 場所:秋葉原コンベンションホール(定員300名)
       千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル2F(JR 秋葉原駅 徒歩1分)
  • 主催:独立行政法人海洋研究開発機構
  • 後援:文部科学省

  • ● プログラム

     講演名をクリックすると発表資料のPDFがご覧頂けます。
     12:00開場・受付開始
     13:00 - 13:05開会の辞
      加藤 康宏 (海洋研究開発機構 理事長)
     13:05 - 13:10来賓挨拶
      加藤 善一 (文部科学省 大臣官房審議官)
     13:10 - 14:00グローバルな気候・環境のシミュレーションと予測
      木本 昌秀 (東京大学大気海洋研究所 副所長・教授)
     14:00 - 14:50集中豪雨/局地的大雨の予測
      斉藤 和雄 (気象庁気象研究所 予報研究部第二研究室長)
     14:50 - 15:10休憩
     15:10 - 16:00「京」コンピュータによる地震津波広域複合災害予測の展望
    ― 何が出来るか、どこまで出来るか ―
      金田 義行  (海洋研究開発機構 地震津波・防災研究プロジェクトリーダー)
     16:00 - 16:50東日本大震災での津波被害と数値シミュレーションへの期待
      今村 文彦 (東北大学大学院工学研究科附属災害制御研究センター 教授)
     16:50 - 17:00閉会の辞
      渡邉 國彦 (海洋研究開発機構 地球シミュレータセンター長)

    ※発表資料は、文部科学省の補助事業である「HPCI戦略プログラム(分野3)」の成果であり、
     複製、転載、引用等には文部科学省の承認手続きが必要です。



    ● シンポジウム風景

     
    木本昌秀教授
    木本昌秀教授の講演

    斉藤和雄室長
    斉藤和雄室長の講演

    金田義行プロジェクトリーダー
    金田義行プロジェクトリーダーの講演

    今村文彦教授
    今村文彦教授の講演

    ロビーでのパネル展示の様子
    研究内容パネル展示
    会場の様子
    会場の様子