「人・自然・地球共生プロジェクト」について
本プロジェクトは平成18年度で終了しました
「人・自然・地球共生プロジェクト」は、文部科学省の新しい研究推進策として平成14年度から5年間の予定で実施されています。

平成13年の小泉内閣発足以来、日本の社会・政府の「構造改革」が叫ばれ、様々な試みがなされているが、科学技術政策に関しても検討され、その結果生まれて来たものの一つが文部科学省における新世紀重点研究創生プラン、別称「リサーチ・レボリューション2002(RR2002)」という新しい重点研究推進方策です。

これは、現在の社会の必要に応えて選んだ5つの重点分野「ライフサイエンス」、「情報技術」、「環境」、「ナノテクノロジー・材料」、「防災」において、

  1. あらかじめ研究課題を設定(トップダウン型)、
  2. 公募等により広く大学、国立・民間研究所から最適な機関を選定し、委託して研究を実施(機関による実施)
  3. 期間5年間のプロジェクトで途中3年目に事業内容と実施機関の評価、見直しを行う、

という形で進めて行くものです。なお、責任機関を設定した上で産業界・研究機関・大学にまたがる共同研究コンソーシアムによる実施も可能とされています。

5つの重点分野のうち、環境に関しては、地球温暖化、異常気象など人類の生活、産業に重大な影響を及ぼす問題について、その現象を科学的に解明し、適切な対応を可能にすることを目的として「人・自然・地球共生プロジェクト」が立案されました。このプロジェクトでは、

  1. 温暖化予測「日本モデル」ミッション:
    気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第4次評価報告書に寄与できる、より信頼度の高い温暖化予測を目指してモデル開発を行う。それに必要な多くの個別過程の改良のため、大学の専門家による研究(観測を含む)を系統的に行う。
  2. 水循環変動予測ミッション:
    アジア・モンスーン地域における陸水循環過程を解明し、水循環モデルを開発することにより、季節および年オーダーの水資源・水災害の予測を実現することを目指す。

という2つのミッションに関わる6研究課題と両ミッションの実現に必要なデータを整備する課題が設定されました。

公募の結果、合計22件の応募があり、審査の結果、各課題の実施機関が次のように選定されました。表に示されているように、課題2、課題7の2つのプロジェクトが地球環境フロンティア研究センターを中心として実施されることとなりました。また、住教授を代表者とする課題1のサブ課題も地球環境フロンティア研究センターで実施されることとなりました。

さらに、平成16年4月より、日比谷教授を代表者とする課題3のサブ課題、及び植田教授を代表者とする課題5のサブ課題もそれぞれ地球環境フロンティア研究センターで担当することとなりました。

地球環境フロンティア研究センターで実施されているプロジェクトの紹介は、それぞれの課題名をクリックしてください。

課題
番号
研究課題名 主管研究実施機関名 研究代表者
1 大気海洋結合モデルの高解像度化 東京大学気候システム研究センター 住 明正
1 同上 電力中央研究所 丸山康樹
2 地球温暖化予測統合モデルの開発 海洋研究開発機構
(地球環境フロンティア研究センター)
松野太郎
3 諸物理過程のパラメタリゼーションの高度化 東京大学生産技術研究所 安岡善文
3 同上 東京大学大学院理学系研究科 日比谷紀之
4 高精度・高分解能気候モデルの開発 地球科学技術総合推進機構 野田彰
5 広域水循環予測及び対策技術の高度化 三菱重工業株式会社 植田洋匡
6 水資源予測モデルの開発 山梨大学 竹内邦良
7 四次元同化システムの高度化及びデータセットの整備 海洋研究開発機構
(地球環境フロンティア研究センター)
淡路敏之

「人・自然・地球共生プロジェクトホームページ」
http://kyousei.aesto.or.jp/