生態系変動予測研究プログラム グループリーダー公募について

本件の募集は終了しております。参考資料の為、掲載しておりますのでご注意下さい。

>>TOPページに戻る
1.生態系変動予測研究プログラム
  本研究プログラムは、地球規模での気候・環境の変動に対する生態系の構造・機能の応答の解明を目的とし、アジア太平洋地域を中心として、幅広い気候帯での構成生物種の分布や生物生産量などの分布とその変動の評価を行っています。本募集では衛星データを利用して陸域生態系の機能・構造の地理分布の研究やそのモデリングを行うグループ「生態系空間分布観測・モデル研究グループ」のリーダーとなる方を募集いたします。

2. 応募資格
  本研究に関連する分野の博士号取得者。生態系変動予測研究プログラムの生態系空間分布観測・モデル研究グループのリーダーシップを取ることに必要な,生態系と気候の変動や、その人間社会への影響について幅広い見識を持っていること。 また、光学センサー、マイクロ波センサーなどによる植生リモートセンシングの研究について経験があるとともに、リモートセンシングと関連させた植生のモデリング、さらには現場における観測まで豊富な知見があること。

※国籍・性別・年齢を問いません。
※地球環境フロンティア研究センターでは、全ての職員の雇用に関し男女平等の理念を持っております。

3.勤務地
地球環境フロンティア研究センター(海洋研究開発機構 横浜研究所内)
神奈川県横浜市金沢区昭和町3173-25

4.契約期間
契約期間は、平成21年4月1日〜平成22年3月31日までとし、一年毎の契約と致します。
※ただし、任期は5事業年度とし、通算10事業年度まで任期の更新が可能。

5.処遇等
(1)給与: 年俸制。海洋研究開発機構の規程に基づき処遇いたします。
(2)赴任旅費: 支給(規定に準ずる)
(3)各種保険等: あり(科学技術健康保険組合・厚生年金保険・科学技術厚生年金基金・雇用保険・労働者災害補償保険等)
(4)社宅: 規定に準ずる。
(5)通勤手当: 支給(規定に準ずる)
(6)休日及び休暇: 土日祝祭日・年末年始・年次有給休暇・特別有給休暇・介護休業・育児休業等。
(7)その他: 職員等の相互扶助および福利厚生の増進を図るための共済会制度あり。

6.応募方法
(1)応募書類
ア. 当研究センターにおける研究の抱負1通(A4一枚程度)
イ. 所見をいただける方1名による本人のリファレンスレターまたは推薦書 各1通(所見をいただける方より、直接、人事担当宛郵送のこと。封筒に「推薦する応募者名」を明記のこと。)
ウ.履歴書 1通
(連絡先E-mailアドレス記載のこと。)
エ.研究業績リスト 1通
(業績リストには論文は、査読の有無を区別してまとめること。)
オ.現在受けている競争的資金のリスト 1通
(2)提出方法
郵送による。
注)郵送以外は受け付けません。
(3)提出先
〒236-0001
横浜市金沢区昭和町3173−25
独立行政法人海洋研究開発機構
地球環境フロンティア研究センター 人事担当宛
(封筒の表に「生態系P グループリーダー応募」と朱書きのこと)

7.応募締切
平成20年10月20日(月)(必着)

8.備考  
問合せ先:
地球環境フロンティア研究センター 人事担当 岡山
生態系変動予測研究プログラム 和田
E-mail:koubo-frcgc@jamstec.go.jp
TEL 045-778-5672(直通)
FAX 045-778-5497