研究概要
プログラムディレクター紹介
研究者一覧
年報の報告
プログラムニュース
活動報告
プレス発表
論文
セミナー
発表資料
研究計画
研究者のHP



研究概要


地球温暖化やグローバル大気汚染等の地球環境問題の直接的原因は人間活動による大気中の微量成分の増加です。微量成分としては二酸化炭素・メタン・一酸化二窒素などの温室効果ガス、エアロゾル・オゾン・窒素酸化物・硫黄酸化物・一酸化炭素・揮発性有機化合物(VOC)等の大気汚染物質が代表的ですが、これらは、地表からの赤外線や太陽光を吸収したり反射したりすることによって気候変動を引き起こすと同時に、生態系や人間に対して環境影響を及ぼします。環境影響に注目したときの大気組成の変動は、大気質変動と呼ばれていますが、こうした気候変動と大気質変動とはお互いに相互作用を及ぼし合い、フィードバックをもたらしていることが分かってきました。

大気組成変動予測研究プログラムでは、衛星や地上からの観測データとモデル研究とを組み合わせて、気候変動と大気質変動に関わる大気組成の時間的・空間的変動の原因を解明し、地球温暖化やグローバル大気汚染の対策に役立たせることを目指しています。

こうした研究を進めるに当たって、温室効果ガスのモデリングに関しては、TransComと呼ばれる全球三次元輸送モデルの国際比較プロジェクトに参加し、またアジアにおける大気汚染の気候・環境影響に関しては、Atmospheric Brown Cloud-Asia (ABC)と呼ばれるUNEP(国連環境計画)の新しいプロジェクトに参加して、国際的プレゼンスを高める努力をしています。



化学輸送モデリンググループ
温室効果ガスモデリンググループ
大気組成観測・データ解析グループ
Page Top

  Copyright 2003 FRCGC/JASTEC. All Right Reserved.