ABCオープンパブリックシンポジウムの報告

 国連大学ウ・タント・ホールを会場に、一般の聴衆を対象とする「アジアの大気汚染と私たちのくらし」と題する国際シンポジウムが9月23日(火・祝)に開催され、約150名の参加がありました。共同主催者の環境省、文部科学省、海洋科学技術センター・地球フロンティア研究システムからの挨拶、趣旨説明の後、国連環境計画のアーリーウォーニング&アセスメント部門ディレクターのロナガン博士、ABC科学チームの共同議長であるカリフォルニア大学教授のラマナサン博士、1995年ノーベル化学賞受賞者で独マックスプランク化学研究所前大気化学部長のクルッツェン博士からそれぞれ「ポスト・ヨハネスブルグの世界における大気汚染・経済活動と社会」「大気汚染の茶色雲」「大気化学と気候に対する熱帯の役割」と題する講演、質疑応答が行われました。

 休憩を挟んで後半のパネルディスカッションでは、導傳愛子NHKニュース・ブロードキャスターの司会で、東京大学中島映至教授から「気候に対する人間活動の影響についてのコメント」が述べられた後、質疑応答に入り、開発・経済発展と大気汚染・環境と貧困のジレンマの問題などが取り上げられました。問題の解決には人々の心を変えることが必要であり、そのためにはNHK「未来への航海」のような若い人を参加させる教育や、何が起こるかを人々に知らせ関心を高めることの重要性などが論じられ、具体的には今回日本で開かれたようなパブリック・フォーラムを中国やインドでも開催することが必要だ、との意見が述べられました。最後に共同主催者の国連大学高等研究所の鈴木克徳上席客員研究員から地球温暖化と並んで、ABCで取り上げられているような途上国と先進国を繋ぐ問題が重要となってきたこと、持続可能な開発に向けた教育、途上国における研究能力の向上、技術移転などが重要であるとの総括が述べられました。

 今回のシンポジウムには多くのみなさまにご参加頂き、ありがとうございました。このような、環境問題についてみなさまと一緒に考える場が得られたことは、大変喜ばしいことであり、今回にとどまることなく、今後につなげていきたいと思います。


プログラム

13:30-13:45 開会挨拶
環境省 大臣官房審議官  竹本和彦
文部科学省 研究開発局 地球・環境科学技術推進室長 深井 宏
13:45-13:55 イントロダクション 
海洋科学技術センター/地球フロンティア研究システム領域長 秋元 肇
13:55-14:25 講演1
国連環境計画(UNEP)ディレクター  S.C.ロナガン博士
”ポスト・ヨハネスブルグの世界における大気汚染、経済活動と社会”
発表資料(PDF:2.4MB)
14:25-14:35 Q&A
14:35-15:05 講演2
カリフォルニア大学教授 V.ラマナサン博士
”大気汚染の茶色雲: 南アジア・熱帯・地球への影響”
発表資料(PDF:1.7MB)
15:05-15:15 Q&A
15:15-15:45 講演3
独マックスブランク化学研究所前大気化学部長(95年ノーベル化学賞受賞)  P.J.クルッツェン博士 
” 大気化学と気候に対する熱帯の役割”
発表資料(PDF:888KB)
15:45-15:55 Q&A
15:55-16:10 休憩
16:10-17:10 パネルディスカッション
コーディネーター 道傳 愛子氏(NHKニュースブロードキャスター)
パネリスト S.C.ロナガン 博士
V.ラマナサン 博士
P.J.クルッツェン博士
中島 映至 博士(東京大学/気候システム研究センター教授)
17:10-17:20 閉会挨拶
国連大学高等研究所所長代理 
鈴木克徳 上席客員研究員