私たちの地球に何が起こっているのか?

地球フロンティア研究システム・地球観測フロンティア研究システム
合同研究成果発表シンポジウム2002

2002年3月19日(火)・20日(水)
コクヨホール(東京・品川)

アジェンダ

3月19日(火) 
9:00開場
9:30

主催者開催挨拶
来賓挨拶

9:40「観測によって見えてくる地球の姿」
堀田宏 (地球観測フロンティア研究システム長)
「地球環境変化の予測モデル開発に向けて」
松野太郎(地球フロンティア研究システム長)
11:00特別報告「地球シミュレーターいよいよ運転開始」
佐藤哲也(地球シミュレーターセンター長)
11:30基調講演 「気候科学の社会への還元を目指して−グローバル・パートナーシップの確立」 
ロベルト・レントン博士 (米国IRI国際関係・開発部門エグゼクティブ・ディレクター)
12:00昼食
13:00「海のコンベアベルトは止まるか」    
松野太郎(モデル統合化領域長)
「地球を三角に切る」
富田浩文 (モデル統合化領域 研究員)
14:05「気候が変わると生態系はどう変わる?」
安岡善文(生態系予測研究領域長)
「植物と土壌は地球の炭素循環の中でどのような役割を果たしているか」
伊藤昭彦(生態系予測研究領域 研究員)
15:10ポスターセッション・休憩
15:25「大陸を越える長距離越境大気汚染」
秋元肇(大気組成変動予測研究領域長)
「コンブと大気成分の意外な関係」
金谷有剛(大気組成変動予測研究領域 研究員)
「アジア大陸から飛来する黄砂が酸性雨分布に影響」
Zifa Wang(大気組成変動予測研究領域 研究員)
16:30「温暖化予測におけるプランクトンの役割:最新IPCC報告書に載った我々の結果」
山中康裕(地球温暖化研究領域 グループリーダー)
「雲は温暖化を強めるのか?弱めるのか?−宙(そら)から雲の変動を丸ごとつかむ」
對馬洋子(地球温暖化研究領域 研究員)
17:35「最近40年に北極海の氷はなぜ溶けているのか」
池田元美(国際北極圏研究センター プログラムディレクター)
「ベーリング海の環境変化を語るプランクトン」
Shin Kyun-hoon(国際北極圏研究センター 研究員)
「氷の下の海はどうなっているの?」
David Walsh(国際北極圏研究センター 研究員)
18:45レセプション
3月20日(水)
9:30開場
10:00「シベリアの森林伐採は気候を変える?」 
大畑哲夫(水循環観測研究領域 グループリーダー)
「赤道大気を駆動する熱エンジン−インドネシアの雲と雨 」
森修一(水循環観測研究領域 研究員)
「豪雨の種」
耿驃、Krishna K. Reddy、山田広幸(サブグループリーダー、研究員)
11:05「梅雨前線のつくり方」
木村富士男(水循環予測研究領域 グループリーダー)
「タイの常緑林は乾季でも乾いていない」
田中克典(水循環予測研究領域 研究員)
12:10昼食
13:10「海洋観測で解る気候変動のメカニズム」
竹内謙介(気候変動観測研究領域長)
「渦によって変わる黒潮の道すじ」
市川洋(気候変動観測研究領域 グループリーダー)
「パラオの天気とエルニーニョ」 
城岡竜一(気候変動観測研究領域 サブグループリーダー)
14:15「海の天気予報」
山形俊男(気候変動予測研究領域長)
「北太平洋から北大西洋への大気の架け橋」
本田明治、中村尚(気候変動予測研究領域 研究員、グループリーダー)
「インドネシア通過流が気候変動に果たす役割:太平洋とインド洋を結ぶ流れの変動」
升本順夫(気候変動予測研究領域 サブグループリーダー)
15:20「海の中の狭き通り道」
三寺史夫(国際太平洋研究センター グループリーダー)
「太平洋赤道域の水温変化は何によっておきるのか」
野中正見(国際太平洋研究センター 研究員)
16:25ポスターセッション休憩
16:40 招待講演「海の環境問題と教育」
ジャック・T・モイヤー博士
(海洋生物学者・コラムニスト、三宅島村立自然教育施設「アカコッコ館」顧問)
17:50閉会挨拶
17:55閉会

ポスターセッション
3月19日(火)15:10 - 15:25、3月20日(水)16:25 - 16:40  

「Argoフロートを理想的に分布させるために−数値モデルを用いた研究−」岡英太郎(気候変動観測研究領域 研究員)
「インド洋ダイポールモード現象は予測できるか?」Anguluri Suruyachandra Rao (気候変動予測研究領域 研究員)
「雪の複雑な形が雪の成長を早くする?」 円山憲一(水循環変動予測研究領域 研究員)
「シベリアの気候」矢吹裕伯(水循環変動観測研究領域 サブグループリーダー)
「海洋に吸収されるフロンの行方」笹井義一(地球温暖化予測研究領域 研究員)
「家畜から排出されるメタンガス」山地一代(大気組成変動予測研究領域 研究員)
「気候変動は海洋生態系を変えたか?」千葉早苗・小埜恒夫・田所和明(生態系変動予測研究領域)
「地球温暖化予測 --これまでとこれから--」江守正多(モデル統合化領域 研究員)
「黒潮沿岸水の動きを追う-カオス理論の応用」早稲田卓爾(国際太平洋研究センター 研究員)
「北極圏研究センター(IARC)での北極圏気候に関するハイライト」Roger Colony他(国際北極圏研究センター グループリーダー他)
「森林火災は、温室効果ガスの発生・吸収にどのような影響を及ぼすのか」Kim Yongwon (国際北極圏研究センター 研究員)