インド洋・太平洋における気候変動の予測に関するシンポジウム
(Symposium on the Predictability of the Climate Variations in the Indo-Pacific Sectors)

終了しました
たくさんのご参加ありがとうございました

開催報告はこちら

ポスター
PDF[4.45MB]
日本学術振興会,海洋研究開発機構地球環境フロンティア研究センター(FRCGC)、APEC気候センター(APCC)、文部科学省では,エルニーニョ現象やインド洋ダイポールモード現象等を中心とする短期気候変動の予測研究活動に関して,これまでの研究開発をレビューし,今後取り組むべき課題を同定するとともに,アジアを中心として世界の関連研究者との連携を強化することを目的とした国際シンポジウム(Symposium on the Predictability of the Climate Variations in the Indo-Pacific Sectors)を以下の通り開催します.この公開シンポジウムでは,2日間にわたり,海外からの約20名を含む招待講演者が,インド洋・太平洋域における気候変動の予測に関する最先端の研究をご紹介します.聴講は無料ですので,多くの方々のご来場をお待ちしております.なお,講演プログラムの詳細につきましては,決まり次第,当ウェブサイトにてお知らせする予定です.
   
場所: 品川プリンスホテル
(地図・交通:http://www.princehotels.co.jp/shinagawa/
日時: 2007年3月8日(木) 9:30-20:30
2007年3月9日(金) 9:30-18:00
主催: 日本学術振興会、海洋研究開発機構地球環境フロンティア研究センター、APEC気候センター、文部科学省
コンビーナー: 山形俊男(地球環境フロンティア研究センター)
C. K. Park(APEC気候センター)
 

>>プログラム(PDF:108KB)

〒 236-0001 神奈川県横浜市金沢区昭和町3173-25
海洋研究開発機構・地球環境フロンティア研究センター・研究推進室
担当:神戸・吉永
Tel/Fax: 045-778-5503・5749
FAX(045)778-5707
e-mail: sipc2007@jamstec.go.jp