お知らせ:「生態系変動予測研究プログラム」は、2009年4月1日より「物質循環研究プログラム」として再編されました。
同時に、各サブチームの名称も次のように一新されました。

  • 陸域生態系プロセス研究チーム
  • 海洋生態系プロセス研究チーム
  • 陸域生態系分布変動研究チーム

なお、このページは、旧生態系変動予測研究プログラムの活動記録のために残してあります。

Notice: "Ecosystem Change Research Program" was reorganized to "Environmental Biogeochemical Cycle Research Program" at 1 April 2009. Name of the each group was also changed as follows.

  • Terrestrial Ecosystem Processes Research Team
  • Marine Ecosystem Processes Research Team
  • Terrestrial Ecosystem Dynamics Research Team

At present, Japanese websiteis only available for the new program. This website is preserved for record of our previous activities.

Hisashi SATO (8 October 2009)

[FRCGC top] [ECRP top]

Last update: 31 March 2009 (history)

生態系変動予測研究プログラム
Ecosystem Change Research Program


Groups

以下、3つの研究グループの融合を通じて、気候変化が及ぼす自然や社会への影響および気候変化に対する自然や社会の脆弱性の評価を行う

陸域生態系モデル研究グループ
Terrestrial Ecosystem Model Group

当グループの目標は、陸域生態系の構造と機能、その気候変動との相互作用を扱うモデルを開発することである。生態系の複雑性と不確実性を克服するため、地球観測サイドと協力しつつ物質循環や植生動態に関するプロセス研究を行い、精緻かつ統合的なモデルを進展させる。これらのモデルは、地球システムモデルとの結合により将来予測性を向上させ、社会的要請が強い広域的な生態系サービスの影響・脆弱性評価の実施を可能にする。

海洋生態系モデル研究グループ
Marine Ecosystem Model Group

海洋生態系は、数年〜数万年周期の気候変動や地球温暖化の影響を受けて変化する。生態系構造の変化はまた、海洋物質循環に影響を与え地球環境へとフィードバックしていく。当グループでは、衛星観測やモニタリング、生態系モデルの開発を通じて、気候変動が海洋生態系の構造や多様性に与える影響を評価するとともに、その複雑な応答過程を調べることにより過去、現在、未来における生態系と地球環境の相互作用を明らかにすることを目標とする。

生態系空間分布観測・モデル研究グループ
Ecosystem Spatial Observation and Modeling Group

衛星画像から得られた観測データをモデル化・解析することにより、地域から全球スケールまで、生態系と気候の相互作用を解明する。また、数年〜数十年の変化や変動を規定する生態系素過程を解明するために、モデル化に必要なデータ取得を支える観測と野外操作実験の体制をつくる。

Members

プログラムディレクター
Program Director

和田英太郎
Eitaro WADA
(1)生物地球科学 Biogeochemistry
(2)同位体生態学 Isotope ecosystem

陸域生態系モデル研究グループ
Terrestrial Ecosystem Model Group

原登志彦
Toshihiko HARA

[Affiliated scientist]
北方林樹木の生理生態と大気ー植生ー雪氷相互作用モデル
Ecophysiology of boreal forest trees and atmosphere-biosphere-cryosphere interaction model
伊藤昭彦
Akihiko ITOH

[Affiliated scientist]
陸面炭素循環モデルSim-CYCLEの開発
Development of Sim-CYCLE (Simulation model of terrestrial-carbon cycle)
佐藤永
Hisashi SATO
動的全球植生モデル(Dynamic Global Vegetation Model)の開発と検証
Development, parameterization, and validation of dynamic global vegetation models
稲富素子
Motoko INATOMI
-
伊勢武史
Takeshi ISE
動的全球植生モデル(Dynamic Global Vegetation Model)の開発と検証
Development, parameterization, and validation of dynamic global vegetation models
羽島知洋
Tomohiro HAJIMA
動的全球植生モデル(Dynamic Global Vegetation Model)の開発と検証
Development, parameterization, and validation of dynamic global vegetation models
加藤知道
Tomomichi KATO

[temporary absent due to oversea study]
(1)気候-陸面間における炭素循環のモデリング
Development of the coupled climate - terrestrial carbon cycle model
(2)高地草原における、炭素・熱・水動態の観測とモデリング
Measurement and Modeling of the carbon, heat and water dynamics in the alpine grassland ecosystem

海洋生態系モデル研究グループ
Marine Ecosystem Model Group

才野敏郎
Toshirou SAINO

[Affiliated scientist]
(1)気候変化が海洋の生物活動と物質循環に及ぼす影響とそのフィードバック
Interactions between climatic change and ocean ecosystems
(2)海洋における生物起源粒子の動態と、その海洋における物質循環に果たす役割
Material cycles of organic matter in ocean
山中康裕
Yasuhiro YAMANAKA

[Affiliated scientist]
現在の海洋物質循環 / 古海洋循環・古気候 / 人為起源物質の海洋による吸収
Material cycles in ocean
岸 道郎
Michio KISHI

[Affiliated scientist]
-
石田明生
Akio ISHIDA
-
千葉早苗
Sanae CHIBA
十年〜数十年規模の気候変動に対する海洋生態系の応答に関する研究
Marine ecosystem responses to the decadal to multi-decadal scale climate variation
S. ラン スミス
S. Lan SMITH
海洋における生物化学循環とプランクトンの生態システム
Marine biogeochemical cycles and lower-trophic ecosystems (plankton).
笹井義一
Yoshikazu SASAI
-
笹岡晃征
Kousei SASAOKA
-
橋岡豪人
Taketo HASHIOKA
-
相田真希
Maki AITA
-

生態系空間分布観測・モデル研究グループ
Ecosystem Spatial Observation and Modeling Group

鈴木力英
Rikie SUZUKI
リモートセンシングデータを使った大陸規模の植生と気候システム
Climate system and global vegetation by remote sensing
石井励一郎
Reiichiro ISHII
-
スパニカ ポティテップ
Supannika POTITHEP
-
小林秀樹
Hideki KOBAYASHI

[temporary absent due to oversea study]
(1)人工衛星による植生モニタリング
Satellite monitoring of vegetation
(2)アジア域における光合成有効放射量の評価
Evaluation of photosynthetically active radiation over Asia
(3)森林キャノピーにおける放射伝達のシミュレーション
Radiative transfer calculation of the light environment in the forest canopy

Former Members

Publication list

英語論文 (English papers) 2003 2004 2005 2006 2007 2008
和文論文 (Japenese papers) 2003 2004 2005 2006 2007 2008
著書リスト (Books)

ECRP Seminar

生態プログラムのセミナーは、原則として、毎月第3木曜日の午後1時から行っています。海洋研究開発機構内部の方は自由にご参加頂けますが、外部の方で参加希望の方は事前のご連絡が必要です。毎回、陸域の研究者1名、海洋の研究者1名の計2名が発表しています。発表順序は原則として以下の通りですが、変更・交代などが行われる場合もあります。なお兼業者等は適宜セミナーを行なっております。

We hold ECRP seminars regularly on the 3rd Thursday of every month from 13:00. All members of JAMSTEC are free to attend. If anyone from outside JAMSTEC wishes to attend, please contact us beforehand.
The rotation plan of speakers is below. Affiliated scientists also present occasionally when it is convenient for them.

陸域:
LAND
石井励一郎(R. ISHII) → 伊藤昭彦(A. ITOH) → 鈴木力英(R. SUZUKI) → 稲富素子(M. INATOMI) → 伊勢武史(T. ISE) → 佐藤永(H. SATO) → 羽島知洋(T. HAJIMA) → スパニカ ポティテップ(S. POTITHEP)
海洋:
OCEAN
笹岡晃征(K. SASAOKA) → 千葉早苗(S. CHIBA) → 笹井義一(Y. SASAI) → 橋岡豪人(T. HASHIOKA) → 石田明生(A. ISHIDA) → ラン・スミス(L. SMITH)

次回の生態系プログラム定期セミナーは、交流棟2F小会議室にて、3月30日(月)13:00開始です。発表者はスパニカ ポティテップと笹井義一の予定です。

The next regular ECRP-seminar will be held at Small Meeting Rooms 1+2, Conference Bldg. on 30 March (Mon) 13:00-. The presenters will be S. POTITHEP and Y. SASAI.

タイトルと要旨(英語)
Titles and Abstracts
[2004] [2005] [2006] [2007] [2008] [2009]

ETC


Contact person of this web page: Hisashi SATO

[FRCGC top] [ECRP top]