深海生物ゴエモンコシオリエビ生中継

トップページ > 深海生物ゴエモンコシオリエビ生中継

ゴエモンコシオリエビの産卵が確認されました!

(4/3追記)
LEDライトで照らした光飼育下でゴエモンコシオリエビの産卵が確認されました。(コシで抱えている黄色いものが卵です)
これまで卵をもったゴエモンコシオリエビを捕獲することはありましたが、人工飼育中にゴエモンコシオリエビが卵を産んだのは初めてのことです。このため、ゴエモンコシオリエビの簡便な飼育と繁殖の方法の開発につながる結果として期待しています。

(3/27追記)
ご視聴ありがとうございます。ゴエモンコシオリエビたちはすこぶる元気ではありますが、生中継は2014年4月6日をもちまして終了いたします!ふたたび横須賀本部の施設一般公開でお会いできる、かも?

2014年春まで、JAMSTEC飼育水槽から生中継でお届けします!食事風景が見られるかも?!(元気がなくなったら終了します)

採集海域:
沖縄本島から西方180kmの深海熱水噴出孔(沖縄トラフ伊平屋北熱水活動域)
採集水深:
約1000m
体長:
約1〜6cm
採取日時:
2014年1月12日 無人探査機「ハイパードルフィン」、海洋調査船「かいよう
展示協力:
和辻 智郎 研究員(海洋・極限環境生物圏領域 深海・地殻内生物圏研究プログラム)
深海ラボCAFE 「深海ラボカフェ」が期間限定オープン!
東急ハンズ渋谷店のハンズカフェが期間限定で深海バージョンに変身!深海生物のトークイベントなども開催予定です。4月6日(日)まで。

ゴエモンコシオリエビとは?〜深海・地殻内生命圏研究〜

ゴエモンコシオリエビ(学名:Shinkaia crosnieri)は、沖縄トラフの熱水噴出域でしか発見されておらず、日本を代表する深海熱水域の動物です。エビでもカニでもなくコシオリエビ(ヤドカリの仲間)に分類されます。ゴエモンコシオリエビのお腹には密集した毛が生えていて、その毛でたくさんのバクテリアを飼っています。
このバクテリアは地球内部から吹き出す熱水に含まれる硫化水素とメタンから栄養を作ります。そして、ゴエモンコシオリエビは体毛で育てたバクテリアを手のような器官でこそいで食べて生きています。光のない深海で生息しており、目は退化しています。釜ゆでの刑にあった大盗賊の石川五右衛門が和名の由来です。
深海生物の共生と飼育方法を研究

ゴエモンコシオリエビを捕獲するまで     >> レポートを読む