JAMSTEC > 戦略研究開発領域 > 北極環境変動総合研究センター(IACE) > 北極海洋生態系研究ユニット

北極環境変動総合研究センター(IACE)

北極海洋生態系研究ユニット

生物量の減少や有益な生物資源の消失も含め、生物や生態系の現状把握や変化の理解は、世界で取り組まねばならない課題である。本ユニットでは、北極評議会のワーキンググループであるArctic Monitoring and Assessment Programmeでも喫緊の課題として取り上げられている、温暖化と酸性化の進行という環境ストレスが海洋生態系に与える影響を明らかにすることを目的とする。

具体的には、酸性化の進行が著しい、西部北極海を研究対象海域とし、生物量や組成の変化などを把握するセジメントトラップや音響システム等時系列係留系に温暖化や酸性化の進行を把握する各種センサー(温度、塩分、pH等)を搭載し、監視観測を行う。

また、海洋酸性化に対する炭酸塩生物の応答評価について、マイクロX線コンピュータートモグラフィー法を用いた定量評価手法の開発や現場での影響評価実験を行う。これら観測データと北極海を対象とした海氷−海洋−生態系モデルを連携させ、昇温や二酸化炭素濃度の変化に対して低次生物がどのように応答するか、予測も含めて明らかにする。