JAMSTEC > 戦略研究開発領域 > 北極環境変動総合研究センター(IACE) > 北極環境・気候研究ユニット

北極環境変動総合研究センター(IACE)

北極環境・気候研究ユニット

北極の“今”を調査し、環境変化の“方向性”を知る。

北極の海はもともと、一年中氷がフタをしていたため、動きが少ない“静かな海” でした。しかし今、温暖化によって氷が減り、海と大気との仕切りがなくなり、風が海に直接影響を及ぼすようになってきました。北極の海が活発に動き始めているのです。また、氷がとけることによって、海の温暖化や淡水化、酸性化も進み、環境が大きく変わりつつあります。

そのような変化は海だけではありません。北極の周辺地域では雪のふり方も変わっています。北極の氷が減ってきた影響なのか、以前よりも早くから雪がふるようになってきました。夏にあたたまった陸地が冷える前に雪が陸をおおってしまうと、雪が“断熱材”のような役割をして、熱が大気に放出されなくなります。そして、永久凍土と呼ばれる凍てついた大地をとかしていると考えられています。「雪が積もることで、大地があたたまる」。少し不思議に思えるかもしれませんが、実際に起こりつつある現象です。

このように、北極とその周辺では今、急激な変化が起きています。では一体、何がどれだけ変化しているのか?数値として定量化できるだけのデータは、まだ十分とは言えないのが実状です。そこで、北極の環境変化における「Status(実態)」と「Trend(変化の速さや方向性)」を明らかにし、北極の変化が世界の気候システムに与える影響を評価するための土台をつくることが、私たち「北極環境・気候研究ユニット」の目的です。くわえて、北極で起こっている一つひとつの現象について、「なぜ、そのようなことが起こるのか?」というプロセスを解明していくことも重要であると考えています。

私たちは海洋地球研究船「みらい」で北極航海を行い、水温、塩分、海流、大気の測定や、海水、堆積物のサンプル収集などを行っています。海中には係留系と呼ばれる観測システムを設置して、冬に氷でおおわれる海の中でも一年を通した観測データを集めています。さらに、北極海の周りの陸域でも、水の流れや地中の温度などを調べて、現地でしか得られない貴重なデータを集めています。これらは北極研究の土台をつくるために欠かすことのできない調査だと考えています。「地球シミュレータ」によるモデル実験も、現状を詳細に理解するためには必要不可欠です。近年では、北極の夏の氷が減っていることで、「みらい」が航海できる範囲も広がってきました。かつて氷に閉ざされていた海域も調査できるようになったことで、新たなデータや知見を得られる可能性も高まっています。こうしたデータが、北極の今と未来を知るために生かされていくことを願っています。