JAMSTEC > 戦略研究開発領域 > 北極環境変動総合研究センター(IACE) > セミナーのお知らせ > 詳細

北極環境変動総合研究センター(IACE)

セミナーのお知らせ


[北極環境気候研究特別セミナーのお知らせ]

日時
12月22日(木)10:30~11:30
場所
横須賀本部 海洋研究棟4階会議室(401号室)
発表者
木村 仁 Satoshi Kimura
(Nansen Environmental and Remote Sensing Center and Bjerknes Centre for Climate Research, Bergen, Norway)
発表言語
英語
タイトル
Ocean mixing beneath Pine Island Glacier ice shelf, West Antarctica
概要
Ice shelves around Antarctica are vulnerable to an increase in ocean-driven melting, with the melt rate depending on ocean temperature and the strength of circulations inside the ice-shelf cavities. We present measurements of velocity, temperature, salinity, turbulent kinetic energy dissipation rate and thermal variance dissipation rate beneath Pine Island Glacier ice shelf, West Antarctica. These measurements were obtained by CTD, ADCP and turbulence sensors mounted on an Autonomous Underwater Vehicle (AUV). The highest turbulent kinetic energy dissipation rate is found near the grounding line. The thermal variance dissipation rate increases closer to the ice-shelf base, with a maximum value found ~0.5m away from the ice. The observed turbulent kinetic energy dissipation rate near the ice is used to estimate basal melting of the ice shelf. The dissipation-rate-based melt rate estimates is sensitive to a parameter in the linear approximation of universal function of the Monin-Obukhov similarity theory for stratified boundary layers. We argue that our estimates of basal melting from dissipation rates are within a range of previous estimates of basal melting.

[北極環境気候研究セミナーのお知らせ]

日時
9月2日(金)15:00~16:00
場所
横須賀本部 海洋研究棟4階会議室(401号室)
発表者
川合 義美 (地球環境観測研究開発センター 海洋循環研究グループ)
発表言語
日本語
タイトル
Interannual salinity variations in the northwestern Bering Sea associated with the Bering Strait throughflow and sea surface height in the Arctic Ocean
ベーリング海峡通過流及び北極海の海面高度と関係した
ベーリング海北西部における海面塩分の経年変化
概要
The correlation between transport via the Bering Strait throughflow (BTF) and sea surface salinity (SSS) in the Bering Sea was examined using an atmosphere-ocean-ice coupled model, MIROC4h. The SSS in the northwestern Bering Sea, including Anadyr Bay, was high when BTF transport was large in the cold season. The BTF transport was strongly correlated with high sea surface height (SSH) in the northeastern Bering Sea and with low SSH in the southwestern Chukchi Sea and the East Siberian Sea. That the low SSH along the Russian coast in the Arctic Ocean was uncorrelated with the high SSH in the Bering Sea means that the SSH in the Arctic Ocean affects the BTF and the SSS independently of the SSH in the Bering Sea. The high SSS anomalies associated with BTF variations were due to increases of horizontal salt convergence by advection and decreases of sea-ice melting.

[北極環境気候研究セミナーのお知らせ]

日時
9月2日(金)13:30~14:30
場所
横須賀本部 海洋研究棟4階会議室(401号室)
発表者
塚田 雄志郎 (北海道大学大学院水産科学院 海洋生物資源科学専攻)
タイトル
ベーリング海峡移流熱がチャクチ海の太陽放射加熱に与える影響
概要
太平洋側北極海では、近年、季節海氷域の海氷面積減少や海氷後退時期の早期化が起きている。原因の1 つとして、アイスアルベドフィードバック効果が挙げられており、2000 年以降の北極海においては、海氷のアイスアルベドフィードバックに対する応答性が強まったことが示唆されている。チャクチ海は、比較的暖かい太平洋起源水がベーリング海峡から流入してくる海域であり、その移流熱は北極海カナダ海盆の夏季の海氷後退にも重要な役割を果たしている。また、近年のチャクチ海では夏季の海氷密接度の減少により、海洋への太陽放射加熱が増加していることが示唆されている。本研究では、ベーリング海峡移流熱がチャクチ海における太陽放射加熱に与える影響に焦点を絞り、その影響の海域・季節による違いとそのメカニズムを明らかにすることを目的に解析を行った。

[北極環境気候研究セミナーのお知らせ]

日時
8月5日(金)15:00~16:00
場所
横須賀本部 海洋研究棟4階会議室(401号室)
発表者
堀 正岳 (北極環境変動総合研究センター 北極環境・気候研究ユニット)
タイトル
ユーラシア大陸の中緯度寒冷化の長期的傾向と季節内変動の関係
概要
ゆるやかな地球温暖化のトレンドが顕著になるなかで、冬季ユーラシア大陸の中緯度域においては若干の寒冷化が存在することが近年注目を集めている。この寒冷化の存在についてバレンツ海の海氷減少と関連付ける報告やそれを否定する研究などが数多く提出されている。
一方、こうした寒冷化を長期の気候の基本状態である基本場のゆるやかな変化と、その上に重ね合わされた季節内の寒気の流出傾向の変化と関連して論じる視点はまだ十分研究されているとはいえない。本発表では大陸上の寒候期の長期トレンドを秋から冬後半における気温急変イベントと結びつけ、ユーラシア沿岸の風速減少トレンドと北極海の低圧化が大陸上の寒気を誘引している実態について解説する。

[北極環境気候研究セミナーのお知らせ]

日時
7月15日(金)15:00~16:00
場所
横須賀本部 海洋研究棟4階会議室(401号室)
発表者
渡邉 英嗣 (北極環境変動総合研究センター 北極環境・気候研究ユニット)
タイトル
西部北極海における冬季海氷下の亜表層暖水輸送
概要
北極海で近年顕著な海氷減少の要因としては、風系や海面熱収支の変化が挙げられているが、海域によっては海洋熱輸送の影響も重要である。カナダ海盆の水深50-100mには亜表層水温極大が存在し、ベーリング~チャクチ陸棚域で夏季に太陽放射加熱を受けた暖水塊(太平洋夏季水)が水平方向に貫入することで形成されると考えられている。カナダ海盆北部の夏季水層は2000年代中盤から昇温傾向にあるが、亜表層における正確な熱輸送経路や熱解放プロセスについてはまだ十分にわかっていない。
本研究では、北極海全域を対象とした水平解像度5kmの海氷海洋物理モデルCOCOで2001年から2014年までの年々変動実験を行い、数地点の係留系観測で得られた物理・化学データも合わせて、西部北極海のバロー峡谷からチャクチ海台にかけての亜表層暖水輸送プロセスについて調べた。解析の結果、チャクチ海台周辺域における冬季海氷下の海洋貯熱量は、バロー峡谷からの熱流入、チャクチ陸棚縁に沿った西向きジェット、海上風に駆動される乱流混合の組み合わせによって大きく年々変動していることが示唆された。特にジェットの下流域への熱輸送量が多い年は、成層強化に伴って太平洋起源の暖水塊が鉛直混合の影響を受けにくい深度に位置していたことがわかった。

[北極環境気候研究セミナーのお知らせ]

日時
7月15日(金)14:00~15:00
場所
横須賀本部 海洋研究棟4階会議室(401号室)
発表者
安中 さやか(北極環境変動総合研究センター 北極環境・気候研究ユニット)
タイトル
北極海CO2フラックスの推定:広域分布と季節・経年変化
概要
1997年1月から2013年12月までの204ヵ月それぞれについて、北緯60度以北の北極海及びその周辺海域全体を対象に海洋表層のCO2分圧分布を推定し、大気・海洋間CO2フラックスの季節変化・年々変化とそれらの海域分布を評価した。海洋へのCO2吸収速度は、風が強い冬のグリーンランド海・ノルウェー海(> 15 mmol m–2 day–1)とバレンツ海(>12 mmol m–2 day–1)や、海氷が後退する夏のチャクチ海(~ 10 mmol m–2 day–1)で大きかった。CO2フラックスの季節変化は、主に風速の変化に支配されているのに対して、その年々変化は主に海洋表層のCO2分圧の変化に起因 していた。

[北極環境気候研究特別セミナーのお知らせ]

日時
4月5日(火)13:30~14:30
場所
横須賀本部 海洋研究棟2階会議室(204号室)
発表者
Craig M. Lee (ワシントン大学)
タイトル
Autonomous Investigations of Marginal Ice Zone Processes
概要
The observed reduction of Arctic summertime sea ice extent and expansion of the marginal ice zone (MIZ) have profound impacts on the balance of processes controlling sea ice evolution, including the introduction of several positive feedback mechanisms that may act to accelerate melting. Examples of such feedbacks include increased upper ocean warming though absorption of solar radiation, elevated internal wave energy and mixing that may entrain heat stored in subsurface water masses (e.g. the relatively warm Pacific Summer (PSW) and Atlantic (AW) waters) and elevated surface wave energy that acts to deform and fracture sea ice, all of which grow in importance with increasing open water extent.
Investigations of MIZ dynamics must resolve the short spatial and temporal scales associated with the processes that govern the exchange of momentum, heat and freshwater near the atmosphere-ice-ocean interface while also achieving the spatial scope and temporal persistence required to characterize how the balance of processes shifts as a function of evolving open water fraction and open water fetch to the south. The recent Office of Naval Research (ONR) Marginal Ice Zone program employed an integrated system of autonomous platforms to provide high-resolution measurements that extend from open water, through the MIZ and deep into ice-covered regions while providing persistence to quantify evolution over an entire summertime melt season. This talk will provide an overview of the strategy developed by the ONR MIZ team and present early results from the 2014 field program, with a particular focus on glider-based observations that spanned from open water to deep within the pack.

[北極環境気候研究特別セミナーのお知らせ]

日時
1月21日(木)13:30~14:30
場所
横浜研究所 交流棟2階 小会議室
発表者
Andrey Proshutinsky (ウッズホール海洋研究所)
タイトル
Observational and modeling studies of the Arctic Ocean at the Woods Hole Oceanographic Institution: an overview
概要
This presentation focuses on the environmental changes in the Arctic Ocean which are evident and exceed practically all previously observed extremes. The major goal of this talk is to describe WHOI’s vision and understanding of the rapidly changing Arctic environment, identify priorities and provide recommendations for Arctic studies during next decade. In particularly, based on analysis of hypotheses, implementation and results of such WHOI international projects as ”The Beaufort Gyre Exploration Project (BGEP: 2003-2015)”, “Ice-Tethered Profiler (ITP: 2004-2015)”, “Arctic Ocean Model Intercomparison Project (AOMIP: 1999-2011)” and “Forum for Arctic Modeling and Observational Synthesis (FAMOS: 2012-2015)” this presentation will show that in order to understand causes of Arctic variability and to predict future climate changes it is important to enhance observational networks in the Arctic and to validate and improve climate models. New technologies and instruments are needed for developing an automated and inexpensive arctic observing network. In this sense, the international collaboration in both observational and modeling activities is a key for success.